アメリカ ガイド 芦刈 いづみ

あしかり いづみ

ロサンゼルス、ラスベガス、アメリカ国立公園を中心にアメリカの旅行や映画、文化などを紹介する記事執筆&講演活動を行うライターです。ロサンゼルスから、大好きなアメリカのリアルな情報をお届けします!

得意分野

ロサンゼルス、ラスベガス、グランドサークル。

ガイドからの挨拶

みなさんこんにちは。ガイドの芦刈いづみです!

私が初めてロサンゼルスを訪れたのは、1997年の夏。スコーンと晴れた青く高い空と、街を行きかう人々の楽しそうな雰囲気に一瞬で魅了され、大学卒業後、ロサンゼルスに留学することにしました。留学していた5年間で、私はどんどんアメリカが好きになりました。アメリカには素晴らしい街と大自然があり、そしてその中で暮らす様々な人々がいます。例えば、ラスベガスでは世界最高レベルのエンターテイメントが楽しめ、そこからセスナで1時間ほどのグランドキャニオンには、想像を絶する20億年の地層があり、地球を感じることができます。そして、ロサンゼルスには、ロサンゼルスの天気のように底抜けに明るい人たちがいるのです。

そんな街や大自然、人を見た時、私は感動しました。そして、自分が心の底から感動したアメリカをたくさんの方に伝えたくなったのです。見て欲しくなったのです。私には伝えたいことがたくさんあります。そして、まだまだ行きたい場所がたくさんあります。このサイトを通して、たくさんのみなさんとアメリカの情報交換をしていければと思います。よろしくお願いします!

ガイドの新着記事

  • ロサンゼルスの治安 現地在住ガイドによる注意点

    ロサンゼルスの治安 現地在住ガイドによる注意点

    治安が悪いイメージがあるロサンゼルスですが、実際旅行で訪れると、そのイメージはなくなってしまいます。しかし、日本と違うので少し気をつけなければいけないこともあります。ここでは安全に旅行するために気をつけたいことと観光地の治安についてお話します。

    掲載日:2017年05月06日ロサンゼルス
  • ロサンゼルスではどんな服装をすればいい?必需品は?

    ロサンゼルスではどんな服装をすればいい?必需品は?

    ロサンゼルスは、1年中暖かく、日本と同じ服装で来ると少し違うこともあります。夏が長いので、基本的には1年中半袖でOK。夏ならその上に羽織るものを1枚。冬なら、パーカーなどの長袖を用意すると良いでしょう。乾燥している土地ならではの必須アイテムや、レストランでのドレスコードなど、ロサンゼルスでの気候・服装についてまとめました。

    掲載日:2017年05月05日ロサンゼルス

公認ガイドブログ