本場で食べたいアメリカ料理

巨大ハンバーガーとフライドポテト

巨大ハンバーガーとフライドポテト

旅行に行ったら、やはりその土地ならではのものが食べたいところ! 中国なら中華料理、フランスならフランス料理とありますが、「アメリカ料理」と言えばどんなものが浮かぶでしょう。ハンバーガー(かなり巨大な)、ホットドック、ピザ、カリフォルニアロール、ステーキ……。これぞ、アメリカ!というところで言うと、いわゆるファーストフードが多い傾向。ということで、この記事前半はファーストフードがメインの「アメリカ料理」を、後半では「ニューヨークチーズケーキ」など、地名が名前に含まれるご当地グルメをご紹介していきます。

アメリカ料理とは?

ボリュームたっぷりで安いファーストフード

ボリュームたっぷりで安いファーストフード

移民の国アメリカ。そもそもアメリカ料理なるものは、様々な文化がミックスして出来上がった料理がほとんどで、主にヨーロッパやアフリカの料理から派生しています。最も有名なアメリカ料理ハンバーガーも、ドイツ料理のハンバーグをアメリカでパンに挟み、誕生しました。日本でも味わえるメニューが多いですが、以下、本場アメリカならではの特徴などをあげていきます。


 

巨大ハンバーガー

アメリカを代表する食べ物:ハンバーガー

アメリカを代表する食べ物、ハンバーガー

まずは、やはりハンバーガーから。アメリカのハンバーガーというのは本当に大きく、普通サイズで日本のハンバーガーの2倍ぐらいあります。具自体は日本同様、ハンバーグ、トマト、レタス、玉ねぎ、ピクルスといったところなのですが、パンとお肉が厚く、大きさも日本のものより2周りぐらい大きい! 入っている野菜も量が多く、一口で上から下までガブリとやるわけにはいかないほどのボリューム。日本人女性なら、2人で1つでも十分。男性でも1つ全部は多いかもしれません。

しかも、ハンバーガーをセットで頼むと必ず大量のフレンチフライズが付いてきます。フレンチフライズ……、聞きなれない言葉ですがフライドポテトのこと。このポテトの1つ1つのピースもハンバーガー同様巨大。日本の倍の大きさはあります。フレンチフライズには、塩味が付いていますが、さらにケチャップをつけて食べるのがアメリカ流です。