アメリカ旅行でやってはいけないことって?

フードコートでは決して荷物を置いて立たないように!

フードコートでは決して荷物を置いて立たないように!

自分自身の意識、ちょっとした心がけだけでも、被害にあうの確率を下げることができます。ここからはアメリカで注意をしておいた方がいいことをピックアップします。

狙われやすい服装はNG

最近ではよく聞く話ですが、日本人はとってもおしゃれ。女の子は、とてもかわいい格好をしています。せっかくの海外旅行なんだから、とっておきのおしゃれをして歩きたい……。でも、ミニスカートやショートパンツなどは、アメリカ旅行では避けた方がベター。極端な話ですが、露出の激しい格好は、自分で誘っているようなもの。できるだけパンツルックで!

荷物の管理はしっかりと

日本ではバイキングや空港などで、荷物を置いたまま全員席を離れることがありますが、アメリカでその行為はNG。席に戻ったら、まず荷物はなくなっていると思ってください。これは、ガイドが初めてアメリカに行った時に、学校のオリエンテーションで教わりました。置き引きが頻繁にある訳ではありませんが、公共の場での荷物の放置は危険。どうしても席を確保しておきたい場合も、誰か1人が必ず席に残るようにしてください。

バッグは必ず見える位置に

人の多い所でリュックはNG

人の多い所でリュックはNG

リュックやウエストポーチは、両手がフリーになるので旅行にはもってこいのアイテム。でも、財布など貴重品が自分の目の届かないところにあるからセキュリティの面でいうと少し心配です。

この2つよりは斜めがけバッグまたはショルダーバッグの方がベター。斜めがけバックの場合、バッグの部分が前に来るように、ショルダーバッグの場合は脇にしっかり挟んで持つといいでしょう。

どうしてもリュックがいい場合は、人ごみでは前向きで持ちましょう。そして、ウエストポーチは、バッグの部分がお腹に来るように!

 

財布はバッグに入れて動く

12時の大手町のオフィス街。財布を片手にランチに行く人々……。日本では普通の光景です。でもアメリカではやめてください! これはあからさまに「お金を持っています」と見せている行為。ホテルのすぐ近くに行く時も、財布は必ずカバンの中に。数ドルしか必要のない場合は、お金だけをポケットに入れて、出かけるのもいいですね。ですが、財布だけを持って外を歩くのは絶対にしないように。

路上にむき出しATMは利用しない

アメリカでは、銀行の外や路上、ナイトクラブやカジノなど、どんなところにもむき出しのATMが設置されています。野外のイベント会場に至っては、ミニキャンピングカーのようなポータブルATMまで設置されていて、どこでもお金が下せるのです。

しかし、そういった場所にあるATMは、他の人から丸見え。路上ATMは、アメリカ在住で気が長いガイドでも、アメリカで絶対に利用しないものの1つです。もちろん全てが危ない訳ではありませんが、念には念を入れ、できるだけ銀行の中にあるATMを使いましょう。どうしても、屋外を利用するときは、できるだけ体をATMマシーンに近づけて操作を!

お金が欲しいを言われたらはっきり「NO」と言う

「お金をくれ」や「これ買って」などと近づいてくる、いわゆる「たかり」をする人達はアメリカにはあまりいません。特に観光地ではそれほど見かけませんので、そんなに気にする必要はないでしょう。

時々、ガソリンスタンドや道端で「家族が病気で家に帰りたいんだけど、ガソリンがなくて……。ガソリンを入れるお金もない」などと話しかけてくる人がいますが、はっきり「NO」と言えば、それ以上しつこくされることはまずありません。断ったら何かされるのではないかと思うかもしれませんが、毅然とした態度をとっていれば大丈夫!

直接ピンポイントで声をかけてくるのではなく、道に座ったまま、「誰かお金をください」と言っている人たちはいますが、しつこく言い寄ってきたりはしないので、こう言った場合は、無視でOKです。

大金を持ち歩かない

日本より、随分物価が安いアメリカ。100ドルは8000円ぐらい(2010年10月現在)なので、日本の感覚だと大した金額ではないですが、価値が全く違います。日本で8000円では、仕事帰りにちょっと飲みに行くとなくなってしまいますが、アメリカで100ドルもあれば、中級よりちょっといいレストランで、カップルがドリンク数杯とコース料理を食べてもおつりが来ます。

なので、現金の持ち歩きはできるだけ少なく! 1日に100ドル+カード1枚あれば十分。できれば、現金は100ドル札ではなく、20ドルなどの小額紙幣であるとベターです。ただ、現金しか使えないところもあるので、カードしか持ってないのも不便……。もし、カードを持たず現金のみで全ての支払いをしたい場合、現金は数か所に分けて持ち歩きましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。