ロサンゼルス旅行の服装は?夏と冬の必須アイテム

1年中天気がいいので、半袖ベースでOK!

1年中天気がいいので、半袖ベースでOK!

旅の準備で悩むのが現地での服装。ロサンゼルスは、1年中日本の春と夏の繰り返しのような気候なので、1年中ベースは半袖でOKです。夏はそれに薄手の長袖。冬は、パーカーやスプリングコートを用意すると良いでしょう。

夏の気温は18度~35度ぐらい。一日の中で寒暖の差があり、日中30度を超えていたのに、夜になったら一気に20度ぐらいに下がることもあります。また、日中でも日陰や建物内がとても寒いので、長袖が必須アイテム。
夏の夜。長袖を着ている人が多いです!

夏の夜。長袖を着ている人が多いです!

冬は、半袖にパーカーが基本。スプリングコートやフリースなどはあった方が良いですが、日本の冬用コートやダウンジャケットなどはあまり必要ありません。 

<目次>  

ロスの高級レストランはドレスコードなし!でもお洒落な服装がおすすめ

基本的に、ロサンゼルスのレストランにはドレスコードはありません。ほとんどのお店で、サンダルにTシャツ、ジーパンでも入ることができます。しかし、高級レストランに行くときはカジュアルな服装ではない方がベター。アメリカ人は、食事はエンターテイメントの1つとして考えている人が多く、自分のエンターテイメントを作り上げるためにドレスアップをして行きます。ですから、高級レストランに行く場合はちょっとおしゃれに決めて行くと、その場の雰囲気を楽しめます!

 

ロサンゼルス旅行、必須アイテム

天気の良い日が多いロサンゼルス

天気の良い日が多いロサンゼルス

ここでは、ロサンゼルスを訪れる時に絶対に用意しておいた方が良いアイテムをご紹介します。
 

観光時の移動を快適にする【ポケットWi-Fiまたはシムカード】

カフェやレストラン、ショッピングモール、ホテルなど、どこでも無料でWiFiが使え、ネット環境はとても良いロサンゼルス。ですが、滞在をよりよくしてくれるのは、やはり常時ネットに接続できることです。

ネット環境があれば、常にナビが使えたり、シェアライドサービスのUberやLyftを使えたりして、とても便利です。ポケットWi-Fiは、日本の空港でレンタルできますし、SIMカードはロサンゼルス空港の到着ロビーで購入できます。また、自身の携帯電話会社の海外プランも検討すると良いでしょう。

参考:旅行前に知っておきたい、アメリカのWi-Fi事情

 

ホテル、交通機関の予約に必要【クレジットカード】

アメリカはクレジットカード社会。1ドルでもカードが使えます。ホテルのや航空券、バスなどの予約は、カードがないと払えないこともあるので、最低でも1枚。できれば、使えなかった時のことを考えて、数枚用意しておき、どちらか1枚はVisaかMasterカードがベストです。

ホテルやレンタカーのチェックインの際、必ずクレジットカードとパスポートの提示を求められます。クレジットカードを持っている事が、信用ができる人の証明になるためです。最終的な支払いは現金でできる場合が多いですが、クレジットカードがなければチェックインできない事がほとんどですので、気をつけて!
 

冬でも日中は気温が高いロサンゼルス【水着】

1年中暖かく、ホテルには必ずプールがあるので、水着があるとホテルでリフレッシュできます。ロサンゼルスでは、ターゲットやウォルマートなど食品以外のものも売っている大型スーパーマーケットで、1年中水着を購入できます。またグレードの高いホテルでは、プールに水着を販売しているショップが併設されている事がほとんどです。水着の値段は、日本に比べるととても安いので、旅行ついでに買っておくと良いかも!
 

乾燥が敵の女性は普段使いの保湿を【リップクリームとローション】

ロサンゼルスは、1年中乾燥しているのでとにかく唇が渇きます。現地で購入することもできますが、個人的にはアメリカ製のものはあまり効果がない気がします。また、唇だけでなく顔や手もカサカサになるので、ボディローションやハンドクリーム、そして化粧水などもお忘れなく。
 

ロスの人気観光地は都市部より紫外線が強いので要注意!【日焼け止め】

日差しが強く紫外線が強いので、1年中日焼け止めが必要です。もちろんロサンゼルスでも購入できますが、日本のようにさらさらタイプではなく、油べったりという感じのものがほとんどなので、日本から持ってきた方が良いです。
 

ロサンゼルスでは傘の販売が少ない【折りたたみ傘(2月3月)】

2~3月の雨の降る時期にロサンゼルスに来る人は、折り畳み傘の準備を忘れずに。ロサンゼルスは、その季節以外雨が降らず、加えて車社会なので外を歩くことがあまりありません。傘はほとんど売られておらず、気軽に買うことができません。また、2月3月以外は、雨が降らないので傘は必要ありません。
 

関連記事

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。