ラスベガス国立公園、攻略ガイド

20億年の地球の歴史を感じることができるグランドキャニオン国立公園

20億年の地球の歴史を感じることができるグランドキャニオン国立公園

グランドキャニオン国立公園は、アメリカアリゾナ州に位置するアメリカで最も人気のある国立公園の1つです。長さは東西に約500km、広さは約4900平方キロメートル。1919年に国立公園指定を受け、1979年にユネスコの世界遺産に登録されました。

グランドキャニオン一帯は、約6000万年前に地殻変動が起こり隆起したと言われています。その隆起したエリアをコロラド川が削り、現在のような谷ができました。谷の深さは約1600m。一番下の地層は、なんと約20億年前のものです。

グランドキャニオン国立公園へのアクセス

グランドキャニオン国立公園の年間入場者数は約400万人! こんなにたくさんの人が訪れる理由の1つに、アクセスの良さが挙げられます。

■セスナ
ラスベガスから、セスナを利用すると1時間足らず、車でも約5時間で行けてしまうのです。一般的に日本人旅行者はラスベガスからの1日セスナツアーで、グランドキャニオンを訪れることがほとんど。

■車
車の場合は、ラスベガスからフリーウェイのUS-93→I-40→AZ-64と乗り継ぎます。車通りもあまり多くなく、車線もそんなに多くない道ばかりなので、アメリカで初めて車を運転する旅行者でも、怖がることなく運転できますよ。

■バス
グランドキャニオンから約2時間南のフラッグスタッフからグランドキャニオン行きのバスを利用することもできます。フラッグスタッフへは、ロサンゼルスからはアムトラック(電車)、ラスベガスやフェニックスからはグレイハウンド(長距離バス)でアクセス可能。フラッグスタッフ近くのウィリアムズからは観光電車グランドキャニオン鉄道も走っています。

サウスリムとノースリムとグランドキャニオンウエスト

グランドキャニオン国立公園は、コロラド川の南側のサウスリムと北側のノースリムに分かれています。

■サウスリム
グランドキャニオン観光の中心。ほとんどのツアーでサウスリムを訪れます。ですから、この記事ではこのサウスリムだけを詳しくご紹介します。ちなみに「リム」とは壁と言う意味。

■ノースリム
北側のノースリムは、ツアーやバスなどで訪れることはできず車のみのアクセスのため、日本からの旅行で訪れる人はあまりいません。また、冬季は雪のためゲートがクローズしてしまいます。

グランドキャニオンウエストにあるスカイウォーク

グランドキャニオンウエストにあるスカイウォーク

■グランドキャニオンウエスト
2007年に話題になった、スカイウォークと呼ばれるキャニオンに突き出たU字型のガラス張りの橋があるところです。あまり知られていませんが、これはグランドキャニオン国立公園内ではなく、全く別のワラパイ居留区内にあるので、旅行の計画を立てている人は要注意!

ラスベガスからは、車で約2時間半で行けてしまいますが、最後の約32マイルがすべて未舗装道路で運転が大変なため、人気は今一つのようです……。ラスベガスからは、セスナやヘリコプターのツアーでもアクセス可能です。