美しいサンセットのサンタモニカと
高級住宅地ビバリーヒルズのあるウエストエリア

サンタモニカはいつも人でいっぱい

サンタモニカはいつも人でいっぱい

シカゴから続くルート66の終点でもあるサンタモニカ・ピア

シカゴから続くルート66の終点でもあるサンタモニカ・ピア

まずは、サンタモニカとビバリーヒルズなど日本人がイメージしやすいエリアから。

サンタモニカは、旅行者にも地元客にも人気の場所。映画にも度々登場する遊園地が付いた桟橋サンタモニカ・ピアとその周辺のビーチは、いつもたくさんの人であふれかえっています。このサンタモニカ・ピアの入り口は、シカゴから続くルート66の終点でもあります。

サンタモニカ・ピアから歩いて5分ほどの所にある歩行者天国、サード・ストリート・プロムナードは、ショッピングにおすすめの場所。アバクロやアーバンアウトフィッターズ、オールドネイビーなど若者に人気のショップが多く、1軒1軒見て回っていると1日あっても時間が足りません。

ここサンタモニカを訪れるベストの時間は夕方。アメリカ大陸を横断してきた太陽がここサンタモニカに沈み、太平洋を挟んで反対側には、日本がある……。そんなことを考えながら海に沈むオレンジ色の太陽を眺め、テラス席で食事をするなんて、ロマンティックだと思いませんか。

サンタモニカは地元客も多いエリアなので、レストランの値段はリーズナブル。比較的おいしいところが多く、どこに入ってもあまりはずれはありません。日本語が通じるところはほとんどありませんが、夜遅くまでオープンしているレストランやショップが多いため、この地域の宿泊はとても便利です。

 

ブランドジョっぷ街として有名なロデオドライブ

ブランドジョっぷ街として有名なロデオドライブ

サンタモニカから車で約30分の所にビバリーヒルズはあります。ビバリーヒルズは、言わずと知れた高級住宅地。“Hills(丘)”の名前のごとく、このエリアは丘で上の方に行けば行くほど、道路からは門しか見えないという豪邸がばかりになってきます。

もちろん、ハリウッドスターの家も多く、ロサンゼルスの観光地ではスターの家ばかりを集めた地図“スターのお家マップ(Star Map)”が販売されるほど。

ブランドショップ街のロデオドライブやショッピングモールのビバリーセンターなどには、ティファニー、グッチ、ルイ・ヴィトン、カルティエ、プラダなど日本人にも人気の一流ブランドが入っています。 これらは免税店ではありませんが、同じ商品でも日本よりはるかに安く入手可能。このエリアのお店には、日本語の通じるスタッフがいることが多く、英語が苦手な人でも安心して買い物ができます。

しかしやはりここは、世界でもトップクラスの高級住宅地、世界中のセレブが集まるビバリーヒルズです。ホテル、レストランともに値段が高く、ロサンゼルスの他のエリアに比べると滞在費がかなりかかってしまうので、ご覚悟を。

ビバリーヒルズエリアで今、地元人の間でホットなスポットは、ロデオドライブから車で10分ほど東に行ったところにあるロバートソンストリート。比較的新しいおしゃれなブティックやカフェなどが軒を連ねています。日本の雑誌が取り上げる『L.A.ファッションスナップ』に出てくるようなアメリカ人が多い場所ですので、そんな雰囲気を楽しみたい人におすすめです。