早分かり! ロサンゼルスのエリアガイド

ロサンゼルスダウンタウンの夕景。西海岸に沈むサンセットがきれいです。

ロサンゼルスダウンタウンの夕景。西海岸に沈むサンセットがきれいです。

成田空港からアメリカのどの都市よりも多い1日7本(2010年10月より8本、2011年2月より9本)の直行便が飛んでいるほど、日本人に人気のロサンゼルス。 一般的に日本人がロサンゼルスと呼んでいるエリアは、ビバリーヒルズなどがあるロサンゼルスカウンティ及びその隣のディズニーランドなどがあるオレンジカウンティを指しています。この2つのカウンティを合わせた面積は、なんと日本第5位の広さを持つ新潟県の面積とほぼ同じ。

このようにとても広大なロサンゼルスをここでは主に4つのエリアに分けてご紹介。サンタモニカやビバリーヒルズなどのあるウエストエリア、ユニバーサルスタジオやスターの手形足形で有名なハリウッド、複合エンターテイメント施設L.A.ライブの建設で今一番ホットなダウンタウン、そしてディズニーランドリゾートなどがあるオレンジカウンティです。

見どころが多いため短期滞在ですべて見て回ることは難しいのですが、日本から3泊5日のスケジュールで効率よく回るには、以下のようなルートがベスト。着いた日にサンタモニカ、ビバリーヒルズ、ダウンタウン。次の日に朝からユニバーサルスタジオ・ハリウッドに行き、夕方からハリウッド。そして3日目にディズニーランドリゾートで思いっきり遊ぶというものです。

旅行者にお勧めの移動手段は、ホップオン・ホップオフ・スターライン・ツアーの観光地循環バス。ディズニーランドなどの郊外には行くことができませんが、ロサンゼルスカウンティ内のメジャー観光スポットを網羅しています。大人30ドル子供20ドルで、24時間乗り降り自由。バスをうまく利用し、ロサンゼルスの短期滞在を楽しんでください。