格安な地震保険はある?

格安な地震保険はある?

地震保険に加入する場合、地震保険料と補償される金額とのバランスをどう考えるか悩む人が多いと思います。これは地震災害そのものの予測が難しい上に災害発生時には大きな被害をもたします。

そのため他の保険と異なり保険契約の引き受けに制限があることやそれに見合うだけの保険料が割高になることなどが原因です。

格安、割安な地震保険があれば家計は大助かりですが、そんな地震保険はあるのでしょうか。今回は格安な地震保険をテーマに解説していきます。

地震保険の仕組み

地震保険の基本的な仕組みと考え方について確認しておきましょう。地震保険は
地震保険に関する法律に基づいて国が再保険というかたちで保険契約の仕組みに関わっているいわば官民一体の保険です。

本来保険という制度は事故や病気、災害などの保険事故が発生した際にそうした被害に遭わなかった人が支え合う仕組みになっています。しかし同じタイミングで広範囲に巨大な被害を発生する地震災害ではこの考え方をそのまま取り入れることが難しいわけです。

こうしたことから地震保険の契約をする際には加入できる金額などに一定の制限が設けられているわけです。

格安な地震保険ってある?

ここまでお話してきたように地震保険は他の保険と違って国がその仕組みに関わっている保険です。そのため地震保険そのものはどこの保険会社で加入しても変わるものではありません。

そうした点から言うと他の保険会社と比べて格安な地震保険というのはないのが一つの結論です。しかし地震保険は火災保険とセットで加入することになっています。

火災保険については各保険会社が独自の火災保険商品を取り扱っています。今日は地震保険をテーマに解説していますが、地震以外の自然災害や事故などまで総合的に考えて必要なものに加入するという視点が必要です。

火災保険も必要な補償を選ぶことができるものが発売され始めています。とにかく格安にすることだけに目が向いて必要な補償まで削ってしまうのは本末転倒ですが、そうでなければ火災保険料・地震保険料をトータルで見た場合に安くすることは可能です。

例えば高台に家があるので水害はありえないというのであれば、水害の補償は外すということです。保険商品によってできる、できないの差はありますが、この機会に必要な補償やそうでない補償を確認してみましょう。

次に地震保険料を安くするための方法や考え方などについて解説します>>>