SRIファンドのキホン

ああああ

SRIが地球を救う?!

SRIファンドの根底にあるのはCSR(Corporate Social Responsibilty:企業の社会的責任)の考え方です。企業は利益を追求するだけでなく、「経済、環境、社会貢献」の観点で、従業員や地域社会まで企業を取り巻くあらゆる人や状況に配慮して経営をする社会的責任があるというものです。

SRI(Social Responsible Investment:社会的責任投資)とは、そのCSRに積極的に取り組んでいる企業への投資のこと。「社会に対し高い意識を持ち運営している企業は、長期的に成長を続け、将来のリターンも期待できる」という視点で、企業を選んで投資をします。

「社会を良くしよう」と意思あるお金を寄せ集め、ここぞと思う企業の活動を投資という形で支援することで、企業も従業員も潤い、世の中が豊かになり、よりよい循環を生む……そんな想いが込められているのがSRIファンドです。

日本では、1999年に登場したエコファンドが初めてのSRIファンドといわれています。以降、種類や本数は増えてきているものの、SRI市場の規模はまだ大きいとはいえません。一方、SRIの考え方がすでに定着している欧米諸国では、多くの機関投資家や年金基金がSRIファンドに投資し、大きなマーケットとなっています。

>>次のページでは、多様化しているSRIファンドの種類についてご紹介します。