バックライトのLED化が液晶テレビを変える

究極のLEDバックライトテレビ、東芝セルレグザ55X2

究極のLEDバックライトテレビ、東芝セルレグザ55X2

液晶テレビの特徴の一つにバックライト(背面から液晶に光を当てる機器)が不可欠なことがあります。液晶は自分で発光しないので光源が必要なのです。

従来のCCFL(蛍光管)に代わってバックライトの主役になったのがLED(発光ダイオード)。建物の演出照明、自動車のライト、室内照明の分野で白熱灯に置き換わって進出の急なLEDがいま、液晶テレビをも変えつつあります。今回は、LEDバックライトの真実についてお話しましょう。


LEDを液晶テレビのバックライトに使うメリット

LED(発光ダイオード)は、Light Emitting Diodeの略で電圧を加えて発光する半導体素子を意味します。電子のエネルギーを直接、光エネルギーに変換するため、熱や運動(発振等)を生じないため効率が高いことが特徴です。

そのLEDを液晶テレビのバックライトに使うと、どのようなメリットがあるのか、整理してみましょう。
  • テレビを薄型、軽量にできる (デザインの自由度が増す)
  • 瞬時に点灯し、明るさ調整ができる(エリア駆動~ローカルディミングともいう~が可能になり、コントラストや黒表現、グラデーションがきれい)
  • 低温特性が高い(使用環境を選ばない)
  • インバータが不要である (構造がシンプル)
  • 水銀レス(環境にやさしい)
  • 約50000時間の長寿命(画質の劣化が少ない)
逆にデメリットとして、大電力での発熱の多さが指摘されますが、バックライトに使用される小電力型では問題になりません。それよりもCCFLに比較した場合のコストの高さが最大の課題でしょう。また、後で紹介するサイドエッジ型の場合、大画面で導光板が大きく重くなり、せっかくの薄型・軽量というメリットが失われてしまう欠点があります。

LEDは数々のメリットがありますが、テレビが別物に変わるわけではありません。LEDバックライト最大のメリットはむしろ軽量・薄型といったパッケージ面での自由度にあります。

次のページでは、いまおすすめのLEDテレビをご紹介します。