この頃は友人でも気軽に参列できる挙式。でも、マナー違反はいただけません。新郎新婦の愛の誓いを見守るのだという気持ちを忘れずに臨みたいものです。以下にやりがちなマナー違反を紹介してみました。もしかしたらあなた、もうやっちゃった?

とにかくおしゃべりは厳禁!

参列のマナー
挙式中はお静かに!おしゃべりは禁止です
「そんな子どもに対するような注意事項を言わなくても…」と思う人もいるかもしれません。でも、最近の挙式って、ホント、参列者がぺちゃくちぺちゃくちゃおしゃべりするんですよ。あっちでおしゃべり、こっちでおしゃべり、挙式場内がなんだかざわざわして、参列していても気が散ってしまいます。

花嫁さんがきれいだとか、ウエディングドレスが素敵だとか、まあ、その場で話したいのはわからないでもありませんが、セレモニー中はやはり我慢していただきたい。たかだか20分程度なのですから。

携帯電話の電源はオフに

これも当然といえば当然のことなんですが、意外に守れていない人が多いのです。シーンとした愛の誓いの場面に場違いな着メロが流れたら、新郎新婦は泣くに泣けません。また、シーンとした中では、バイブレーションの音も意外に響くもの。挙式はわずか20分程度ですから、このさい携帯電話の電源はオフにして臨みましょう。

ヴァージンロードは踏まないで!

教会挙式の場合、挙式場の中に入ると、祭壇に向かってヴァージンロードが敷かれています。このヴァージンロードは花嫁のためのもの。新郎新婦、それに新婦をサポートする父親(あるいは父親代わりの人)しか歩けないものなのです。会場では参列者が間違って足を踏み入れないよう、きちんと誘導をしてくれるので、それに従えば問題はないと思いますが、スタッフが見ていないところで、足を踏み入れないように注意して下さい。

写真撮影は自分の席から

挙式の写真撮影については、各挙式場で対応が異なります。参列者の撮影は一切禁止というところもあれば、挙式の邪魔にならなければOKというところも。ですから、基本的には会場側の指示に従って下さい。とはいえ、常識的に考えて、挙式中にがたがたと動き回って写真を撮るのはいただけません。なお、祭壇の後ろに回り込んで撮影するのは絶対にNGです。自分の席でちょっと体を動かして撮るくらいが無難だと思います。

肌を露出した服装は避ける

挙式から披露宴と続けて出席するわけですから、服装は当然パーティ仕様。それはまったく問題はありませんが、キャミソールドレスなど肌を露出した服装の場合は、上にカーディガンやショールなどを羽織り、肌の露出を抑えるのがマナーです。

以上、本当に基本的なことばかりですが、ついうっかりということもあります。挙式に参列するときはどうぞ気をつけて下さいね。

■ほかにもこんな記事・リンク集があります!どうぞご参考に。
花嫁は見た!びっくり&困ったゲスト大集合
もっと素敵に教会挙式!
神前挙式 常識のウソ
うのも紀香も!?芸能人は神前挙式がお好き
神社で行う本格神前挙式
神前挙式が今新しい
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。