友田好みの三重の名酒 3点紹介

さて、料理との組み合わせのほかに、お酒そのものがおいしいと感じられた銘柄をご紹介しよう。

一つ目は、「作(ざく) 雅の智 中取り 純米吟醸」。いつ飲んでもみずみずしく、清冽で、品があって、柔らかくて、後味に適度な旨味が残り、すばらしいバランス。本当においしいと感じる逸品だ。

二つ目は、「青雲 山廃純米 颯」。山廃としてはすっきりとクリアで軽やかな仕上がり。全体にボディーのある味造りの青雲だが、重からず軽からずちょうどいい飽きない旨味を持った山廃。感動だ。

三つ目に「噴井 純米吟醸 石川改詰(あらためづめ)」。まず目を引くのがレトロなラベル。昔ながらのラベルを新たに造り、丁寧に詰めた酒という意味が込められている。非常に滑らかで新鮮な味わい。引っ掛かりのない口当たりと喉越しは、後を引くおいしさだ。


伊勢神宮のお膝元であり、最高峰の食材に恵まれた三重は、歴史も食文化も実に魅力的。その陰に隠れがちの三重の清酒は、実は、とてもバラエティー豊富でみずみずしく品格ある逸品ぞろいだ。
お酒屋さんや料理屋さんで見かけたら、ぜひお手に取っていただきたい。





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。