去る8月22日に、有楽町国際フォーラム内のSAKEダイニング「宝」にて開催された、『良い酒、夢気分、関東巡礼  ~関東の宝 地酒・島酒・地ビール&郷土料理と出会う~』には、関東各地の名酒がずらり勢ぞろいした。
参加の方々も、関東のお酒のおいしさ再発見で、文字通り「夢気分」のイベントとなった。


それでは、出品されたおすすめの関東のお酒たちをご紹介しよう。

◆千葉・・・・・【守屋酒造】


千葉は九十九里の地酒。しっかりとしたコクを楽しめる辛口仕上げの純米酒。
きりりとした後味には、千葉のとれとれ鯵のたたきを合わせたい。




この日のために用意された酒樽。オリジナルの酒樽を作ってもらえる。
あなたも、ひとつ、いかが?


◆茨城・・・・・【萩原酒造】


茨城は利根川流域の豊かな水を使って醸されたふくよかなお酒。茨城県産の米と酵母のみで造られた「蔵なま」は、みずみずしさ満点。
常磐産のプリッとしたタコのカルパッチョと。

◆栃木・・・・・【仙禽酒造】
宇都宮北部さくら市。文化文政の時代から続く歴史ある蔵。インパクトのあるラベル。人気の木桶仕込は、亀の尾の凛とした旨味がしっかり感じられる。
豚肉の湯葉巻きなんていい感じ。


◆山梨・・・・・【太冠酒造】

甲斐の国で130年の酒造蔵。あとくされのないカラリとした辛口仕上げのこの一本。お燗もお勧め。
味の染みた「煮込み」で、きゅーっといきたくなる粋な味わいだ。



→次ページで、さらに関東のいいお酒をご紹介!