ミシュランからB級グルメ、なんでもありのグルメ事情だけど、数年前に火が付いて、今じゃどこへ行ってもみかけるのが「ご当地グルメ」。それこそ大昔から各地の港では独自の新鮮な魚介が、風土色豊かな山間でも独特の野菜や肉が名産だったわけだ。これ、実はお酒でもいえること。地酒ブームなんてのもあったでしょ!?

探してみるとまだまだある「ご当地」もの。今回はご当地焼酎を紹介します。北は北海道、南は九州、ぐるーっと見回してみればあるわあるわ、変り種の焼酎が!自宅にいながら、しかもほろ酔い加減で味わえる、焼酎の諸国漫遊、早速北からいってみよう!

【北海道、美瑛】じゃがいも焼酎 伍升譚(ごしょたん)

じゃがいも焼酎 伍升譚(ごしょたん)
じゃがいも焼酎 伍升譚(ごしょたん)
ジャガイモといえば北海道。さつまいもの焼酎があるなら、ジャガイモの焼酎があってもいいじゃないか……ということで、ストレートでグラスに注ぐと、うわ~、生のジャガイモの香りぃ~。ちょっと青臭い感じ。でも味はさつまいも焼酎よりドライでシャープ。とってもライトで飲みやすい。ロックや水割りでさらりとイケる。あわせるのは、もちろん「ジンギンスカン」でしょう。お肉の脂っぽさをきれいに流してくれる。友田流アレンジカクテルは、なんと、ミルク割り。北海道らしいでしょ。ドライ感がまろやかになって、どこまでも飲めちゃう優しい味わいになる。飲みすぎ注意の激ウマ焼酎カクテルだ。

【秋田】本格焼酎 米蔵(こめぞう)

本格焼酎 米蔵(こめぞう)
本格焼酎 米蔵(こめぞう)
なんといっても米どころ日本酒どころの秋田だけど、秋田を代表する「あきたこまち」を使った本格米焼酎を発見!まるで熟したリンゴやメロン、バナナのような、そうまるで吟醸酒を思わせる華やかで洗練された香りが印象的。奥羽山脈栗駒連峰の名水「栗駒神水」を仕込み水に使っているせいか、とってもなめらかで瑞々しい。お湯割りで日本酒のお燗風に。もしくはオンザロックですっきりとすがすがしく……もOK。おつまみは秋田名物、ハタハタの一夜干しだいっ。淡白だけど味わいの深い白身魚の干物や塩焼きなんかにも、もう最高。

次のページは静岡は伊豆からわさび焼酎、愛知のしょうが焼酎と行ってみよう!