●ペパドルを撮影してみる

ペパクラのように自立はできませんが、手足を動かしてポーズが作れるので、ストーリーも作りやすいです。

落ちている枯れ枝を支柱にして地面に立てたり、石や樹にもたれさせたり。生垣には差し込むように立てることができます。



セロハンテープがあると、裏からちょっと留めつけて安定させることができ、便利です。撮った写真は、セリフを加えると、より楽しいものになります。

セリフは画像編集ソフトで書き込んだり、プリントしてから余白に手描きで書き込みましょう。


★応用編:ポーズを変えながら、三脚に固定したデジカメで撮影をし、パソコンに取り込んで連続再生すれば、アニメーションになります。
(コマ撮りのできる市販のアニメーション作成ソフトもあります。)


豆絵本

手のひらに乗るサイズの、豆絵本です。内容は、「ピッケのおうち」の中で、ピッケが読む絵本と同じです。
作り方はこちらをご覧ください。


ペパクラやペパドルにもぴったりのサイズですので、ごっこ遊びの小物としても使えます。