ウイグルのお母さんとの会話でおいしさがアップ

特筆すべきところはもうひとつ。「羊タン、羊レバー、羊腎の炒め物」や、ナンにとうもろこしと砂糖をかけて焼いた「とうもろこしのケーキ」、麺をかためた「ウイグルケーキ」など、他店ではお目にかかれない料理に出合えることである。ウイグルの代表的なゴハン料理「ポロ」には、羊肉バージョンと目玉焼きバージョンがあるなど、食べかたにバリエーションがあるのも興味深い。

ポロ
人参のピラフ「ポロ」。羊バージョンと目玉焼きバージョンがある。
人参の切り方などが不揃いだったりするのが気になることは気になるのだが、そのあたりはご愛嬌。ここ「ローラン」では、ウイグルの“家庭”で料理を食べているような感覚をぜひ楽しんでいただきたい。

ローランは、何を隠そう、2010年3月末まで営業していたモンゴル料理店「故郷(ノタガ)」の場所で営業している。いまでも「故郷」の味を求めてやってくる客は後を絶たないというが、その客たちはローランの味をたまたま口にし、みな心地よい時間を過ごして帰られるという。

ワタシはこの店に足を踏み入れ、カウンター下の席に座ったとき、初めて「故郷」を訪れたときのことを思い出した。故郷の女主人、ナーリンさんとの和やかな会話で料理がより美味しく感じられたのはいまでも鮮明に覚えているが、このローランでも、厨房で麺を打つベテランお母さんとの会話は、今後忘れることはないだろう。あのお母さんの優しい笑顔とおっとりとした口調は、池袋駅前の喧騒を忘れさせてくれ、私をそっとウイグルの家庭に招きいれてくれた。心地よい空間を提供していた店、モンゴル料理店「故郷」を求めてやってきた人達も、「ローラン」で私と同じような感覚を覚えたのではないだろうか。

プロの味ではないけれど、誰かを想って丁寧に作られる家庭の温かい味。ここではそれをいただけた。立地が厳しいだけに、なんとかがんばっていただきたい。心から応援したいお店である。

ウイグル料理「ローラン」
所在地:東京都豊島区池袋2-63-6パレスガーデンミラノ1F
営業時間:月~金 17:00~21:30L.O
土日祝日 11:00~15:00 17:00~21:30L.O
(※ランチは土日祝日のみとなりました。)

TEL:03-3988-3181
定休日:年末年始
交通・アクセス:JR池袋駅北口より徒歩6~7分
地図:Yahoo!地図情報

関連記事

ウイグル流おもてなし
ウイグルのお母さんのとっておき料理1
ウイグルのお母さんのとっておき料理2
ウイグルのお母さんのとっておき料理3

日本のウイグル料理店

ウイグル料理店「ムラト」
ウイグル料理店「シルクロードハウス」
ウイグル料理店「シルクロード・タリムウイグルレストラン」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。