千葉の名店! 種類も実に豊富です!

ヨーグルトライ
人気No.1の「ヨーグルトライ」(大1,680円 1/4 420円 中300円)。
千葉県松戸市郊外にある山小屋風のパン屋さん。小さなお店ですが(5坪)、店内には毎日250種類以上のパンが用意され、早朝から常連客で溢れかえっています。


フォルコンブロート
ライ麦全粒粉、自家製粉石臼挽き粉を使用した保水性豊かなライ麦パン「フォルコンブロート」(1個630円 1/2 315円 3枚105円)。
食パン、バゲット、ドイツパン、あんぱん、デニッシュ、サンドウィッチetc…、6種類の天然酵母(自家培養)と12種類の小麦を自在に組み合わせ、魅惑的な味のハーモニーを奏でています。

    

自家製の「Zopf酵母」!

自家製ぶどう酵母食パン
風味豊かな「自家製ぶどう酵母食パン」(420円)。
お店の裏庭の葡萄から採取した酵母は、通称「Zopf酵母」と呼ばれ、圧倒的な香りを放ちます。それを最も強く感じられるのが「自家製ぶどう酵母食パン」(420円)。


自家製ぶどう酵母食パン
フルーティな香りが印象的です。
袋から取り出すと同時に、フルーティな甘酸っぱい香りがぷわ~っ。ぶどう酵母ではありますが、その香りはどこかりんごのようでもあり、体内にやさしく吸収されます。生地はやや粗めで、噛み締めると、まず最初に甘みを感じます。そして、その直後に酸味が台頭。噛み締めている間は、終始フルーティさがつきまとうので、インパクトとしても充分です。また、この酵母の香りは、バターとの相性が非常にいい。間接的にバターと出逢わせることで、クリームチーズのようなコク、風味が生みだされます。1斤なんて、あっという間にペロリですね。

    

ボクのイチオシ2品!

パン. オ. フリュイ
細い流木のような「パン. オ. フリュイ」(230円)。
ボクのイチオシは、「パン. オ. フリュイ」(230円)と「コルンバイザー」(310円)。前者は、Zopf酵母を使ったバゲット生地(フランス産小麦を配合)に、くるみ、クランベリー、ブルーベリーを練り込んだ細い流木のような一品で、非常にムッチリとした食感。ひと噛みごとに、生地に含まれている水分が搾り出されるような感じです。


パン. オ. フリュイ
食べやすさも○。
生地自体の風味、旨みの強さは予想を大きく上回るもの。クランベリーのシャキシャキ感と甘酸っぱさ、ブルーベリーの魅惑的な香りと甘みも生地にしっかりと馴染んでいて、コリコリとしたくるみの香ばしさが、その味を一段と昇華させる&表情をキリッと引き締めます。甘みの中だからこそしっかりと浮き出るくるみのビター感。これが最大のポイントといえるでしょう。

    
コルンバイザー
噛むほどにおいしい「コルンバイザー」(310円)。
後者は、ライ麦を45%配合した生地に、蒸した丸麦がふんだんに練り込まれていて、表面には白胡麻やひまわりの種のトッピング。クラムはしっとりムチムチしていて、保水性たっぷり。丸麦のプチプチとした食感やまろやかな風味によって素朴感が一段と強められ、マイルドなライ麦の風味とともに、核となる味わいをつくり上げています。口当たりが非常にソフトなので、その印象も実にやわらかですね。


コルンバイザー
肉料理との相性も抜群です!
クラストは比較的薄め。これ自体にも醤油のような香ばしさが備わっているのですが、そこにさらにひまわりの種の香ばしさが加わることで、他のものが何も見えなくなります。その香りに、心が完全に支配されてしまうのです。単に香ばしいだけならここまで惹かれることはないのですが、クラムに潜むマイルドなテイストがその香ばしさと絶妙に絡み合っているがゆえに、至福のひとときを実感できるわけです。もちろん、これだけで食べても充分おいしいですが、ハムやテリーヌなど、特に肉料理との相性は抜群ですね。


次ページは、贈り物にも最適な「あんパンセット」について。