美食のトライアングル地帯

Nogarazza。
西天満公園のすぐ側にある「ノガラッツァ」。
注) 2016年現在、「ノガラッツァ」は移転されております。当記事は移転前の過去記事となります。新しい店データは下記の通りです。

<DATA>
・店名: ノガラッツア
・所在地:大阪市北区中之島3-3-23 中之島ダイビル2F
・アクセス:京阪電鉄中之島線「渡辺橋駅」2番出口から徒歩約1分
・地図:Yahoo!地図
・TEL:06-6225-2950
・営業時間:11:30~14:00(LO)、18:00~21:00(LO)
・定休日:月曜日


梅田の西に連なるビジネス街「南森町」から北西に5分ほど歩いたところにある西天満公園は、ビルやマンションにぐるっと囲まれた緑溢れるオアシス。実はこの公園周辺が、本場で修業を積んだ若きシェフ達によるイタリアン・フレンチの激戦区だということを知っている方は、かなりの外食好きさんでしょう。ちなみに、私はこのエリア一帯を「美食のトライアングル」と(勝手に)呼んでいます。

もっとも、トライアングルとは言え、実際に三角形型に3店が位置しているわけではありませんが、このエリアには西天満公園を囲うように3店の名店があるのです。
その内の2店は、
ランデブー・デ・ザミ(フレンチ)」、
タベルナ・デッレ・トレ・ルマーケ(イタリアン)」、
と過去に記事として御紹介してきましたが、今回はこのトライアングル地帯、最後の3店目。この公園の北東の角に位置する2008年3月開店のイタリアン「ノガラッツァ(Nogarazza)」です。

山田シェフ。
シェフの山田義輝さん。
「ノガラッツァ」とは、北イタリアのヴィチェンツァの南方アルクーニャーノにある町の名前。フィレンツェを始め、ドイツ、フランス、北イタリア、シチリアで修業の後、西梅田のモード・デ・ポンテベッキオで腕を揮われた山田義輝シェフがオーナーシェフとして独立されたお店なのです。

ムーディな店内

ノガラッツァ。
カウンター&ソファ席サイド
公園の木々がそよぐ音を聞きながら木のドアを入ると、古びた木の床に深みのある赤のシートが目に飛び込んできます。左手の真黒い壁には、ひと筆描きの白い線描アート。そして、アーティスティックな「くの字型」の店内は、ジャズヴォーカルも流れて大人がリラックスできるムーディな空間となっています。

リストランテ ノガラッツァ。
こちらは、窓際サイド。

次ページでは、ディナーコースを御紹介します