赤ちゃんの名前に、みんなはどんな想いを込めているのでしょう?
赤ちゃんの名前に、みんなはどんな想いを込めているのでしょう?
2007年に実施した「こそだて」名付けアンケートから、「赤ちゃんの名付けに使いたい字」を以前ご紹介しました。

その中でも人気なのが、自然にまつわる名前です。

今回は、自然にまつわる名付けの例と、その名前を付けた理由をご紹介します。(コメントは、2006年と2007年実施のアンケートに寄せられたものを一部編集の上、掲載しています)。

花・葉にまつわる名前


彩花(あやか)ちゃん:色彩から彩の字を取って。自分の人生を自分の色で彩りながら花を咲かせてほしいとの思いをこめて名づけました。

彩葉(あやは)ちゃん:主人は彩という字をどうしても使いたかったそうなので、ちょうど、8月生まれだったし、葉月の「葉」をとって、彩葉(あやは)と名づけました。

咲季(さき)ちゃん:花の咲く季節のように人を和ませられるような優しく穏やかな子になってほしい。

さくらちゃん:病院の窓から満開の桜が見えたので。みんなから愛される桜のような子に育つように。

山や木にまつわる名前


岳(がく)ちゃん:雄大な山のように。

樹希(いつき)ちゃん:大きな木のようにどっしり育って欲しい。

楓(かえで)ちゃん:楓の木のようにあるがまま自然のままに生きてほしい。

陽太ちゃん:大きな森に太陽が当たり、大きな太い幹成長して欲しいと願いつけました。

海や風にまつわる名前


海斗(かいと)ちゃん:パパが海の近くで生まれ育ったので子どもも海の似合う男になってほしいから。

航大(こうだい)ちゃん:海のように広く、大きな人になって欲しいと思って。

航平(こうへい)ちゃん:航海からとって、将来海を渡って世界で役立つ人間になって欲しいと思いつけました。

流風(リュウキ)ちゃん:西の山に流れる風。 西山に新たな風を吹き込み人に流されることなく、自然にのびのびと育ってほしい。

凪冴(なぎさ)ちゃん:心広く、穏やかな中にも光るものをもって育ってほしいという気持ちを込めました。

名付けの想いやエピソードは、子どもが大きくなったら、ぜひ話してあげるといいですね。



<関連リンク>
「名付けの基礎知識:使える字と使えない字」
「名前で使いたい漢字の名付けエピソード」
「2006年の名付け・赤ちゃんの名前ランキング」
「人気の名前に有名人の影響あり!?」
「先輩ママに聞いた名付けエピソード」
「名付けおすすめリンク集」
「名前の届け出は、生まれた日から14日以内」
「姓名判断(運勢、相性、改名など)」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。