末っ子タイプと末永く付き合うための3つのポイントとは

末っ子気質なパートナーとうまくやっていくには?

末っ子気質なパートナーとうまくやっていくには?

一般的に、兄弟の数と性格形成には、大いに関連があると言われています。

とはいえ、同じ末っ子でも兄弟の人数や異性の兄弟がいるか、同性の兄弟がいるかでもその影響は変わってきますし、兄弟仲や年の差、親の教育方針などの環境によっても、変わってくるでしょう。

ですから、すべての末っ子がこうだ、という断定はできませんが、今回は上の兄弟がいる末っ子にありがちな気質について、傾向をまとめたいと思います。


末っ子は甘えん坊で要領がいいタイプが多い!? 

3人きょうだいになるとその特徴はさらに如実になる!?

3人きょうだいになるとその特徴はさらに如実になる!?

まず、末っ子気質の傾向としては、甘えん坊で生意気というのが第一に挙げられます。親にとっては2番目以降の子どもということで、長子に比べると無意識に子育てやしつけにおける肩の力が抜けて、甘くなるもの。

長子には大きな期待を抱き厳しく育てる反面、末っ子は伸び伸びと自由に育てたい、などと甘やかす身勝手な親も少なくありません。

また、末っ子の面倒を長子に見させたり、兄弟でいたずらなどをしても長子だけに責任を追求し、末っ子は長子の影に隠れてしまう、ということもあります。そうすると、末っ子は家族の中で守られている存在となるため、甘えん坊になってしまいがち。

一方、末っ子にとっては常に先を行く長子が羨ましくてたまりません。

たとえばお小遣いの額や門限時間の延長など、親が大人扱いをし始めるのは長子から。それを目にしている末っ子は、少なからず妬みを抱きながら育ち、長子と張り合おうとしたり、追い抜こうとしたりするわけです。

そのため、末っ子は年上に対しても生意気な言動に出たり、人に対して競争心を抱きやすい性格の人が多いと言えるでしょう。

さらには、思春期の親への反抗や、受験、就職活動、結婚など、人生の節目的行事を最初に経験するのは大抵長子で、末っ子の場合は長子のやり方を側で見ることができます。

ですから、同じように真似たり、長子が失敗すれば別の方法を選んだり、自然と学習してしまうのが末っ子。そのため、周囲を観察して要領よく振る舞うことに長けている人も多いでしょう。

次のページでは末っ子の恋愛傾向と、相性よく付き合うための3つのポイントについて、解説していきましょう。