「きれいなお姉さんは好きですか?」というフレーズが印象的なCMがあったように、美人が嫌いという男性は少ないもの。美しい異性に魅かれるのは自然なことです。

では、いざ、美人に恋をしたら、どんな風にアプローチをすれば良いのでしょうか。美しく魅力的な女性は、ほめられたり告白されたりすることに慣れている上に、彼女に魅かれる男性も多いので、競争倍率も高くなりがちです。そんな、引く手あまたの女性の心をつかむ方法について考えてみたいと思います。

美の基準は人それぞれですが、今回は、私の周囲の男性5人以上が「美人」と答えた女性3人にインタビューをしてきました。

「恋愛の成功パターン」を過信しない

真っ赤なバラの花束

定番の口説き方が通用しないことも

1人目の美人は、広告代理店で営業の仕事をしている30代前半の女性です。凛とした佇まいが印象的な彼女に、好きな男性のタイプについてたずねたところ、こんな答えが返ってきました。「好きになる人は色々なので、タイプと言えるものはないですが、嫌いなのは、自分のモテ理論だけでアプローチしてくる人ですね」。彼女が苦手なのは、これをすれば女性は喜ぶだろうという押しつけをしてくる男性。「いわゆる、モテる男性に多いのですが、夜景を見ながらドライブとか大きな花束とか、私だけではなく、狙った女性全員に同じことをしているのだろうなと感じると、一気に冷めます」とのこと。口説かれ慣れしている美人だからこそ、スマートなアプローチをしなくてはと思いがちですが、過去の恋愛の成功体験だけに頼って、想像力や思いやりに欠けた行動をしてしまうと、逆効果になってしまうようです。

「こうすれば絶対口説ける」という方法を探すのではなく、目の前にいる好きな人がどうすれば喜んでくれるのかを考え、行動することが基本なのかもしれません。小手先の技は、色々なアプローチを経験している女性には簡単に見破られてしまいます。初恋のような新鮮な気持ちを忘れずに臨みましょう。