【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
「自然に始まる恋がいい」と言いながら、男友達や同僚など身近な男性には、なかなか異性を感じないという女性は多いもの。でも、その関係も、ちょっとしたきっかけで変わることがあるようです。今回は、女性が身近な男性に思わず「ドキッ」とした瞬間を3つご紹介します。インタビューに答えてくれたのは、25歳から35歳の働く女性たち。なかには、ときめきが恋愛に発展したという人も。気になる女性がいるのに、なかなか距離を縮められないという男性は、二人の関係を変えるヒントが見つかるかもしれませんよ。

重い物を持ってくれると、ときめく

荷物を持ってくれる男性

荷物をサッと持ってくれると好印象

寄せられた回答に必ず入っていたのが「重い物を持ってくれた瞬間にドキッとした」というもの。荷物を持つという、ごくシンプルな行動ですが、女性たちは、そこに思いやりの気持ちや男らしさを感じてときめくようです。

具体的には、「会議の後、機材の片付けを率先してやってくれた」、「重いバッグを受け取ってくれた腕がたくましくてドキドキした」など、期待していない時に思いがけず優しくされると、異性として意識するという声が多く聞かれました。

特に、30代になると「何でも男性と同じようにできて当たり前という感覚がある」、「甘えが許される年齢ではなくなって、人に頼るのがどんどん下手になっている」と感じている女性も多いので、大変なことをサッと引き受けてくれる男性には良い印象を持つようです。仕事そのものを手伝うと言われると、できないと思われたくないという気持ちから、つい意地を張ってしまうこともありそうですが、力仕事の場合は心理的な抵抗感もなく素直に感謝できるようです。

これは、ほとんどの人が嬉しいと感じる行動なので、気になる女性がいたら、積極的に引き受けてあげると喜ばれると思います。