【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

20代のうちに経験しておいた方がいいこと

20代の恋愛だからこそ、経験しておきたいことがある!

20代の恋愛だからこそ、経験しておきたいことがある!

20代のうちに恋愛で学んでおいた方がいいことがあります。それによって、30代になっても恋愛をするときには、よりいい恋愛ができるようにもなります。
逆にそれを学んでおかないと、30代以降になっても子供っぽい恋愛をして、イタイ目にあうこともあるかもしれません。

心の傷が治るのも早い20代のうちに、さまざまな失敗をし、大切なことを学んだ方がいいこともあります。今回は、20代の恋愛で学ぶべき5つのことを紹介します。


学ぶこと1:人を思いっきり好きになる!

20代のうちから感情の出し惜しみをしている人がいますが、今のうちに思いっきり人を好きになり、時に自分の感情や欲望に振り回される経験をしてみることは大切です。そういった経験をし、時に失敗をし、反省することで、本当の意味で自己コントロールすることを学ぶことができるのです。
30代過ぎても恋愛に振り回されていると、残念な人に見られることも少なくないので、「若いね!」「青春だね!」と言われて許されやすい20代のうちに体験しておいた方がいいでしょう。

「傷つくのが怖い!」なんて言って、人を好きになる気持ちを抑えてしまう人は多いものですが、20代でそんなビビリだったら、30代以降になったら、もっと感情を抑えてしまい、さらに恋愛できなくなるか、逆に、急に強烈な恋に落ちてしまって舞い上がってしまい、いい歳してハジけてしまうこともあるかもしれません。それは、大人としては、ちょっとカッコ悪いことなんですよね。

若いうちに、好きな人ができたら、フラれることなど恐れずに告白したり、会いたくなったら夜中でも会いに行ってしまったりするくらいの情熱を出す経験しておくと、30代になったころには、いい意味で自分をコントロールでき、気持ちを抑えなくてはいけないときには抑えられる大人になっていくもの。
それは、おそらく「20代の時にやりつくした感」があることで、気持ちが落ち着いてくるところもあるでしょう。だから、30代以降になってはっちゃけないためにも、今のうちに経験しておくといいでしょう。

次も20代の恋愛のうちに経験しておいた方がいいことです。次のページをご覧下さい。