お写経合コンって、どんなもの?


お写経とは?
約300文字の漢字で書かれたお経を筆と墨で書き写していく作業がお写経です
お写経合コンの流れは、こんな感じ。休日の午後の時間をたっぷり使うので、一緒にいる時間が長い分だけお相手の人柄や性格がいろいろと見えてくるという安心設計です。

■お写経合コンの流れ
1.お寺の最寄りの駅に集合&簡単な自己紹介
2.境内へ移動してお写経
3.お茶でひと休み
4.お寺を散策
5.居酒屋へ移動&乾杯!

そもそもお写経とは、「般若心経」などの経文を書き写していくこと。心をこめて約300文字、しっかり書いていくうちに、いつのまにか心がスッキリ浄化されたような気持ちになると、渋好みの愛好者からも人気のあるデトックス系ワークです。

といっても、いきなり真っ白な半紙にサラサラとお経を書いていくのではなく、半紙の下にお手本を敷いてそれをトレースすればOK。初心者でも難なくクリアできるのが魅力でしょう。

いざ、お写経タイムでは、墨をすったり小筆を使ったりと普段の生活にはない作業に、「これじゃまだ墨、薄いよね?」「小筆って、どのへんを持つんだっけ?」と学生の頃に戻ったよう。ほのぼのとした盛り上がりに涌いて、自然に打ち解け合っていく男女たち!

お写経合コンには、掘り出し物がザクザクと!


お写経男子
お写経合コンには、平日はビジネスマンとして活躍しているステキな男子がたくさん集まっています!
もともと「お寺や神社が好き」「マジメな出会いを意識している」という参加条件で集まった人たちだけあって、一般的な合コンと比べると、ものすごく和やかな雰囲気なのは確か。昼間、シラフで自己紹介からスタート、っていうのも健全&新鮮でしょう?

「仏像が好きなんですけど、周りに理解してくれる人がなかなかいなくて。今日は、仏像について一緒に見に行ったり、おしゃべりしたりできる人を見つけにきました」というアピールも、普通の飲み会なら“変わった人”扱いされるところですが、ここではすごく魅力的に見えるのが不思議!

そして、なんといってもお写経合コン最大の特徴は、「ガツガツした人が見あたらない」ということ。恋愛に興味がないわけではないけれど、合コンやパーティに行くよりもお寺や神社に行くほうがなんだか心が癒やされるし……という男女がたくさん参加しています。

こう聞くと、「イケてない人や、マニアックな人だらけなのでは?」と心配に思いませんか? とんでもない、とんでもない! 女子はかわいくてよく気がつくタイプ、男子も協調性のある落ち着いた素敵な人、多し。いろいろな合コンを見てきた身としても、「これは掘り出し物の合コンかも」と思ってしまいました。

積極性やパッと見のインパクト、トークのつかみなどが合コン勝者のファクターだと思っていたけれど、お写経合コンではそんなところで必死に戦わなくてもよかったんですね。なんだか急にラク~な気持ちになりました!

案の定、この日もほほえましい実直なカップルが誕生! パワースポットで運命の出会いがあるなんて、ウソみたいだけど現実です。今ごろふたりは、仏像について楽しく語らっているのかなー。いいな、いいなー。