彼女を料理上手にしたい!

キッチン
キッチンに立つことに意義を持たせるのが、料理上手への第一歩。
いいところがあれば、たくさん褒めてあげてください。美味しいと思ったものは、食べるときに笑顔で「美味しい」と口に出します。それだけで彼女の努力は報われるのです。美味しくなくても、残さず食べる努力をしましょう。彼女が内心「失敗したな……」と思っていても、あなたの優しい姿に、「次こそは頑張ろう!」と決意します。ここで残してしまっては、やる気はそがれ、練習する気も起きません。

一緒にキッチンに立つのもひとつの手です。あなたが料理上手なら、彼女に料理を教えることができますが、くれぐれも上から目線で教えないよう注意! 料理ができないなら、彼女がいかに頑張っているか、料理がいかに難しいものかを知ることができます。二人で料理を作ると、片方が本を読み上げて、片方が調理に専念できるので、焼き加減や温度加減での失敗が少なくなるでしょう。

彼女の友だちを招いて、持ち寄りパーティーをするのも、彼女の意地に火をつけます。ファッションやメイクもそうですが、同性同士のほうが、容赦なく非難するので、平気で「マズい」と言うのは想定内。「絶対負けられない!」とプライドを刺激され、勝負メシを作るでしょう。料理研究をするために、数日間同じものを食べさせられる可能性もありますが、「昨日よりも美味しい!」「僕は好きだけど、ちょっと塩辛いかな」と、思いやりを持ってジャッジしてくださいね。


【関連記事】
鵜呑みにすると彼女がキレる3つの言葉
あなたが作った料理。「これ、おいしくないよ」と直球で言うパートナーは?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。