違う言語を話す外国人とコミュニケーションを図るようなつもりで接してみたら、新たな発見があるかも。
好きな人とのコミュニケーションにはさまざまなものがありますが、中でも会話は重要です。雄弁な人はそれだけでモテるし、逆に口下手だとそれだけで損することも。

ひとくちに口下手といっても、原因はさまざま。緊張しているだけならば、付き合いの長さに比例して解消するでしょうし、吃音によるものなら、会話のテンポを合わせるようにすれば、次第に慣れてくると思います。しかし、内向的といった性格によるものは、時間が解決できるとは限りません。

他人を変えるのは至難の業。大好きな彼(彼女)が口下手な場合、コミュニケーション不全による誤解はどうしても起こりやすくなります。無用なトラブルを生まないためにも、接し方を工夫してみましょう。

五感をフルに活用して


■洞察力を磨こう
相手が男でも女でも、まずはよく観察することが大事です。言葉が通じないペットの犬や猫でも、普段から愛情をかけて接していれば、彼らの機嫌や要求がわかるはず。ましてや相手は人間です。デートのときは特に、細かいしぐさや表情の変化を見逃さないようにして。
 
■スキンシップは積極的に
会話が弾まないのなら、いっそ非言語コミュニケーションに磨きをかけるほうが得策なことも。スキンシップで愛情を確かめあえるのは、恋人同士ならでは。キスやセックスのように直接的な行為だけでなく、耳掻きなどのグルーミングも素敵なコミュニケーションです。

■会話にもコツがある
口下手な人は特に、好きな相手の前だと緊張し、うまく話せなくなってしまうもの。ならば、彼(彼女)が答えやすいように話しかければいいのです。会話はキャッチボール。取りやすい球(Yes/Noで返事ができるような質問など)を投げてあげることも、愛情のひとつです。
口下手な人の中には、メールのような文章だと饒舌になることも。書くことと話すことは別の次元。会話以外で相手がコミュニケーションしやすい方法があれば、どんどん取り入れて。

付き合いの長さとともに口数が減るのはよくあること。言葉を発しなくても「あうんの呼吸」でコミュニケーションが図れるふたりであれば、悩む必要はありません。いい意味の慣れ合いは、親しさの指標です。

それでもうまくいかなかったら……?