【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

言葉は足りていますか?

意思疎通のレベルを上げる

意思疎通のレベルを上げる

相手とのコミュニケーションがうまくいかない、カップルの特有の理由には、いくつかあります。その中でまずあげられるのは、「自分の恋人だから、お互いの気持ちは分かって当然」という期待ではないでしょうか。

誰しも自分の人生のパートナーと呼べる(もしくは呼びたい)恋人には、「言わなくても、自分の気持ちを分かって欲しい!」と思うものです。そういった期待があるからこそ、期待が叶った時には気持ちが盛り上がります。ですがその一方で、期待が叶わなかった時には相手に対して、がっかりした気持ちを感じてしまいます。

まったくの他人であれば、もちろんこういった期待を抱くことはありません。カップルだからこそ、相手に対して期待を抱いてしまいますし、そのような思いを抱くことは当然です。しかし同時に、期待を抱いてしまうことを自然なこととして受け止め、意識的にコミュニケーションを増やすことが非常に重要になってきます。

普段以上に言葉によるコミュニケーションを意識することで、飛躍的にふたりの関係は良好さを増していくでしょう。

対面、メール、電話、手紙のどれを取るか

基本的にカップル間のコミュニケーションは、対面・メール・電話・手紙のいずれかになるはずです。このなかのどれが一番良い、というのは一概に言えるものではありません。その人のステージによりますが、「自分が正直な気持ちを伝えやすい!」というコミュニケーションの方法は限られているのではないでしょうか。

コミュニケーションの速度・長さ(内容の濃さ)・正確さ・誠実さ。この4つの要素を満たすように、恋人とのコミュニケーションを深めていきましょう。「対面でたくさん話しているから大丈夫!」と、思っている人は危険です。あなたのコミュニケーションが、本当にあなたの気持ちを正確に相手に伝えられているかどうか、ということと、『対面か、否か』ということとはまったく関係がないからです。

自分がどの方法だと、コミュニケーションの速度・長さ(内容の濃さ)・正確さ・誠実さをそれぞれ満たせるのかを、一度考えてみましょう。もし誠実さを対面のコミュニケーションで満たすのが苦手という人は、メールや手紙などで「本当はこう考えているんだ」と相手に伝える必要があります。つまり、自分の足りないコミュニケーションの要素を他の方法で補うのです。

>>コミュニケーションの次元を上げるには?