【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

コミュニケーション能力を身に付けたい!

コミュニケーションは苦手ですか?

コミュニケーションは苦手ですか?


「好きな人と意思疎通ができない」「相手の気持ちが分からない」と悩んでいる人は少なくありません。今回は、コミュニケーション下手を克服するための秘訣を紹介します。
 
コミュニケ―ションで一番大事なことは、話すことよりも、「相手の話をよく聞く」ことです。
相手が何を考えているのか分からなければ、いいコミュニケーションはとれませんよね。でも、“ただ聞く”だけでもいけません。「その言葉に乗った相手の気持ちをくみ取ること」が大切なのです。
 
例えば、私は仕事で著名人インタビューをすることもありますが、たまに「言葉ではうまく表現できないのですが……」と言われることがあります。もちろんインタビューなので、言葉で言ってもらわないと困るのですが(笑)、でも、その気持ちは分かるんです。

言葉で表現できることは限られてしまうので、自分の思いやそのときのニュアンスをありのまま言葉にするのは、言葉の訓練ができている人でも難しいことなんですよね。
 
だからこそ、私自身、インタビューをするときは、「その言葉に乗った相手の心をくみ取る」ようにしています。また相手の発する言葉よりも相手の思いにより近い言葉を使って確認することもあります。「それって、こういうことですか?」と聞くと、「そうそう! そういうことを言おうとしたの!」と言われることも多いので、そうやって相手の気持ちの理解を深めるようにしています。
 
「言葉そのものにとらわれ過ぎずに、“その言葉に乗った思い”をくみ取る」。それこそが、コミュニケーションの重要なポイントです。

それこそ、恋人に「愛しているよ」と言われたところで、本当に愛されているのかどうかなんて、わかりません。他の女性(男性)が気になっているからこそ、自分の思いを誤魔化すために、恋人に「愛しているよ」と言うこともあれば、彼女(彼氏)の機嫌をとるためのリップサービスで言っていることだってあるでしょう。

そのときに「私(僕)って愛されているんだなぁ」なんてうぬぼれていると、恋人との気持ちのすれ違いが生じて、別れに至ってしまうこともあるのです。
 
では、言葉をただ表面的に受け取らずに、“その言葉に乗った思い”をくみ取るためには、どうしたらいいでしょうか? それを次のページで紹介します。