告白や大切なことも、LINEやメールで済ませていない?

本当に伝えたいことは、会って話そう!

本当に伝えたいことは、会って話そう!


最近は、LINEで愛の告白する、なんて人も少なくありません。その場合、相手の返事だってLINEで返ってくることも多いものですが、できれば、相手の表情を見たくありませんか? 言われる方だって、直接言ってもらいたいこともありますしね。
 
例えば、大切な人と意見が食い違っていて話し合いをしなくてはいけないときに、思いを長文で書いてメールで送ってしまう人もいます。そのときは、実際に会ったらうまく話せないかもしれないから、自分の思いをきちんとまとめて伝えたいという考えもあるでしょう。

でも、極端なことを言えば、「言葉」は思いを伝える方法の1つに過ぎません。本当に相手に思いを届けたければ、自分の「表情」「醸し出す雰囲気」「声のトーン」も含めて、相手に伝えた方がいいのです。
 
更に大切なことを伝えたいときは、あなたの思いを相手がそのまま受け取れる状態であることも重要です。そのためにも、「相手が今、人の話を聞ける状態なのか」「相手が受け止められやすい内容なのか」はきちんと見て、最適なタイミングで話すようにした方がいいです。
そうでないときは、ちょっとタイミングを待つなり、「お話ししたいことがあるので、お手すきの時にお時間をいただけませんか?」と言って、相手に「大事な話なのかもしれないな」と理解してもらって、聞く覚悟を持ちながら時間を作ってもらうようにした方がいいでしょう。
 
メールで済ましてしまう人は、「自分の思いが上手に伝わらないのが怖い」という気持ちが強すぎて、「思いを伝える」ことから逃げ腰なところもあります。さらにそれに対する相手の答えまでも怖がっていたら、いいコミュニケーションはとれません。
 
もちろん実際に会って、伝えきれなかったことがあるときは、そのあとメールで伝えるのはアリです。すでに会って話している分、あなたの思いは相手に伝わりやすいですしね。

でも、基本は、メールに過度な信頼を抱かない方がいいでしょう。読み手はそこまできちんとあなたの思いをキャッチできないことも多いからです。ニュアンスは、メールの文字だけでは伝わらないですしね。

だからこそ、一番自分の思いを伝える手段としては、「きちんと会って、思いを伝える」ことが有効なのです。
 
コミュニケ―ション下手な人は、相手ときちんと向き合って、相手の思いをキャッチし、自分の思いを言葉に限らず、表情、動きなど、あらゆるもので伝えるようにしてみましょう。アナログな方法ではありますが、それこそが、コミュニケーション下手を克服する秘訣ですよ。
 
 
[関連記事]
・“恋愛下手さん”ができていない3つのこと

[お知らせ]
対面式「恋愛お悩み相談(個別)」をスタートしました!

書籍「子供おばさん”にならない、幸せな生き方」が、単行本と電子書籍で好評発売中!子供おばさんになりたくない人は、必読!

・HAPPYになりたい女性に向けた恋愛&幸せ情報サイト「HAPPY WOMAN NEWS」を配信中!

4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」 毎週金曜日23時に更新!

・今回のコラムをさらに掘り下げて解説!ブログ「ホンネのOL“婚活”日記」を毎日更新中!


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。