2007年の春から夏にかけて、当サイトではフィンランドに住むミキさん&レオさんカップルを取材させていただきました。そしてこの春、ミキさんからうれしいニュースが……! それは不妊治療で子供を授かり、アラフォーで初産に挑戦するという報告だったのです。
詳細は「アラフォーで不妊治療の末、W快挙!!」をご覧ください。お2人の出会いから結婚までの全ストーリーも、リンク集からお読みいただけます。

今回は、ミキさんにとっては初めて住む国フィンランドでの生活について、うかがってみました。

フィンランドに住んで3年目

ヘルシンキの港にあるマーケット広場。海が見える人気観光スポットです
ミキさんは、フィンランドに住んで、どのくらいになりますか?
「気がつけば、フィンランドに住んで早3年目です! なんかあっという間でしたね」

そうですか~。カナダをはじめ外国での生活経験をおもちのミキさんですが、フィンランドはレオさんと結婚したことで住むことになった国ですね。フィンランドの生活はいかがですか?

「とてものんびりしていて、自然が身近にあるのでリラックスできます。日本で生活していた時と比べると、本当に時間の流れがゆっくり! そして、生活が質素になりましたね~。

例えば、外食は何かのイベントでもない限り、しなくなりました。理由は、フィンランドのレストランは高くてあまり美味しくないから。安くて美味しい料理が食べられるところが少ないですね。ファミレスなんかもないですから……。美味しい物が食べたければ、自分で作るしかないんです」

そういえば、以前メールをいただいた時、ご自分でロールケーキを作ったと書いてありましたっけ。日本はロールケーキ・ブームですが、向こうではふわふわスポンジのおいしいロールケーキがないのだそうです。だからご自分でチャレンジしてみたのだとか。
でも、自分ではなかなか作れないこんなものも……

「元々料理は大好きなので、それほど苦にはなりませんが、たまに美味しいラーメンが無性に食べたくなる時があるんですよ!」
あるある、分かります!
「残念なことに、ヘルシンキにはまだ美味しいラーメン屋がないので、近い将来、どなたかがオープンしてくれることを願っています!」

自然を楽しむ

フィンランドの人たちの生活の楽しみ方は、ミキさんにも影響を与えているようです。

「フィンランド人の多くは、週末になると森に散歩へ行ったり、ガーデニングを楽しんだりしています。夏には長い休暇をとって、自家用ボートでサマーハウスに出かけて家族と過ごしたりします。本当にフィンランドの人たちは自然を楽しむ人が多いですね。うちの旦那さんも鳥が好きなので、一緒にバード・ウォッチングに森へ行ったりもします。

ただ、夏は日照時間が長くなり過ごしやすいですが、冬は長く寒く暗いので、イヤになる時がたまにありますね。本当に、秋から冬にかけては急激に日照時間が短くなるので、太陽が恋しくなるんですよ! フィンランドで生活してから、太陽のありがたさを感じるようになりました。太陽様様です!」

そんな環境にもだんだん慣れて、最近はこんなふうに思うこともあるそうです。

「娯楽があまり無い国なので、たまに退屈に感じることがありますが、自然体でナチュラルに人間らしく暮らせるフィンランドのほうが、日本よりも暮らしやすいかも……、と思えるようになった気がします」


日常生活で困ったのは、こんなこと…… >>