女性ならではの“困っていること”

食べたいものは自分たちで作る!? 料理の腕も上がりそう♪
ご主人のサポートを受けて、徐々にフィンランドの生活になじんできている感じのミキさんですが、日常生活で何か困ったことはありますか?

「美容院には常に困っていますよ~! 海外に住んだことのある人なら分かると思いますが、こっちの美容院ってあまり上手ではなくて、行く気になれないんです。しかも値段が高くサービスが悪い! 東京で働いていた時は、2カ月に1度は表参道にある美容室に行っていたのに……(悲しい)。

今は、日本へ里帰りするたびに日本の美容院でカットしていますが、帰れたとしても1年に1回。なので、どうしてもこちらの美容院に行かなければなりません。友達の中には自分で器用にカットしている人もいますが、私には無理。日本人の美容師さんがいてくれたらいいのにな~といつも思います!」

実はガイドの私も、カナダに住んでいた時はいつも自分でカットしていました(主な理由は節約のため、ですが)。日本人の友人知人は、ほとんど日本人経営の美容院に行っていましたし……。女性にとって、美容院は大事な問題ですよね。

「びよういん」の次は「びょういん」

美容院の次に困るのが病院だそうです。
「日本では、北欧のヘルスケア・システムは良いと思われていますが、実はそうでもありません。個人的には、医療システムは断然日本のほうがよいと思っています。

こちらでは、国でやっている公立の病院と、私立の病院があります。公立病院に行く場合、まず電話で予約しなければいけません。すぐには診てくれない場合もあるし、日本の病院のようにすぐ検査はしてくれません。

待てない人は私立の病院へ行くことになるのですが、とても高いです! 医者とただ話しただけで40ユーロ程度(約4500円)になります!
あと、こちらで問題になっているのが歯科ですね。予約を入れたくても平気で2~3カ月後とか、へたすれば半年後とかになるみたいです。なので、私はいつも私立の歯科へ行っています」

医療システムは国によって全然違うので、住み始めてから最初に把握しておきたいことの1つですよね。
そして……

「寒すぎてオシャレができないのも困りますね。冬が長すぎるし、寒くてスカートなんかはけません。ヒールの靴も、滑る心配があるのではけません! 日本にいた時は、よくお気に入りの店で服を購入したり、ウインドーショッピングを楽しんでいましたが、こっちで生活し始めてから服をあまり買わなくなりました。その理由は、フィンランドってどこに行っても同じお店しかなく、つまらないからです!

また、日本のようにコンビニやお弁当屋などがないので、たまに不便に感じることがあります。日本のデパ地下のように、和から洋までありとあらゆるものがそろっていることもないし、食料品の種類が少ない。“スイーツのブーム”なんていうのもフィンランドではないですからね(泣)。
人々の食に対する関心がうすいのでしょうか……?」


外国生活の必須項目、語学の勉強は? >>