【編集部からのお知らせ】
恋愛偏差値30からの婚活相談室」をオープンしました!

婚活にまつわる実用的なアドバイスを"無料"でいたします。

・婚活用プロフィールを添削してほしい方はこちら

・婚活にまつわるお悩みを相談したい方はこちら

世界中が挙式の舞台! であればユニークなエリアを候補にしては?

exotic1.jpg
地元の人々がお祝いしてくれるケニアでの挙式
海外ウエディングは旅行会社のパンフレットに載っているところでしか実現できないか、というとそうではありません。人気のエリアはハワイ、グアム、オーストラリア……など海外旅行やハネムーンの行き先としても有名なスポットが挙げられますが、「人と違った国でウエディングがしたい!」と望むのであれば、一度調べてみることをおすすめします。

なぜなら、現地に日本人の挙式を受け入れる体勢さえあれば、どんな場所でも挙式が叶うということを、私はこれまで取材しながら目にしてきたからです。ここではその幾つかの例をご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

カンボジアのリゾートで誕生した「第一号ウエディングカップル」

2004年、憧れのリゾートの代名詞、アマンリゾートがアンコールワットにオープンしたホテル「アマンサラ」で、このホテルのウエディングカップル第一号となった日本人のご夫妻がいます。ふたりのコンセプトは「ユニークなエリアでウエディングをしたい」ということで、相談したのは世界中の面白い挙式を手掛ける旅行会社EVC。幾つかの候補地から、ふたりがカンボジアを選んだ理由は「新しいため、第一号のカップルになれるから」。

クメール衣装のフラワーガールとページボーイに先導され、バージンロードを歩き、カソリックの神父によるブレッシング(キリスト教のお祝いを受けるという意味)を受けるウエディングはこの高級リゾートのプール付きテラスで行われました。挙式後は近くの村でクメール式の祝福を受け、ここからが本番です。