父親に感謝の気持ちを伝えるために

父の日の主役の望みはどんなこと?
父の日には品物を贈るだけではなく、何かすることで感謝の気持ちを表わすこともありますね。では、肝心のお父さんはどう思っているのでしょう?

gooリサーチで実施した「父の日に娘・息子にしてほしいと思うことランキング」<有効回答者数 1,071名/2009年4月 goo調べ>から、父の本音を探ってみました。こんなことをしてあげると、お父さんは幸せ気分になるようですよ……

「父の日に娘・息子にしてほしいと思うことランキング」
トップ10

1位:一緒に食事をする
2位:家族と一緒に家でゆっくり過ごす
3位:旅行にでかける
4位:食事をごちそうしてもらう
5位:ドライブにでかける
6位:一緒に買い物に行く
6位:肩もみをしてもらう
8位:手書きの手紙をもらう
9位:手料理を作ってもらう
10位:一緒にバーベキューにでかける

父の日に子どもにしてほしいことの断トツ1位は、「一緒に食事をする」でした! この結果に“やっぱりね”と思う方もいれば、“そんなことでいいんだぁ!?”と驚く方もいるでしょう。

この調査には20項目の回答選択肢があり、食にまつわるものとして、「食事をごちそうしてもらう」(4位)、「手料理を作ってもらう」(9位)、「一緒にバーベキューに出かける」(10位)、「一緒にお菓子を作る」(15位)、「一緒に料理を作る」(18位)と多数あるなか、最もシンプルな「一緒に食事をする」(1位)に票が集中しています。

やはり、コミュニケーションを深めるには食事が1番。おいしいものを囲んで弾む会話もごちそうであり、幸せな時間が過ごせます。

サントリー/ハイボール
王道ギフト「お酒」のなかでも人気のウイスキー。父親世代には懐かしいハイボールが子世代には新鮮で、会話も弾みそう♪ <サントリー
また、子どもが成人していれば、こうしたシーンで親子一緒にお酒を飲めるのも嬉しいポイントのようです。FEC日本ファーザーズ・ディ委員会調べ <首都圏在住の成人の子を持つ40代~50代の有職男性488名に調査/2010年4月> によると、父の日に最も欲しいものが「お酒」で、お酒の中では「ウイスキー」が1番人気という結果でした。我が子と酒を酌み交わすのは、いつの時代も至福の時間とされていますが、ほろ酔いで交わす会話も楽しいですし、意外な一面を垣間見たり、素直に話せることも多いので、親子の潤滑油になってくれますね。

お父さんは家族と一緒に過ごすことが何よりも嬉しいようで、「家族と一緒に家でゆっくり過ごす」が2位、団らんの舞台を変えた「旅行にでかける」が3位、「ドライブにでかける」が5位にランクインしています。

8位の「手書きの手紙をもらう」は、案外もらえる機会が少ないだけに、親ごころを揺さぶる夢のひとつといえそうです。


【関連記事】
■父の日の基礎知識は
【父の日】のいろは
■「母の日」についてはこちら
【母の日】本当の由来とカーネーション

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。