母の日の食卓にぴったり!

母の日の料理を、カーネーションで飾りつけてみませんか。ハムやベーコンで作るので、美味しくて楽しい盛り付けになります。お子さんでも出来るから、ママに作ってあげましょう! おもてなし料理やお弁当にも使えます。

右上/ロースハム、パセリ…手軽な組み合わせ例です
左上/生ハム、デルフィニウム(非食用)…見た目重視で似た葉をチョイス
下/ベーコン、水菜…身近な食材でもマッチします

今回はロースハム、生ハム、ベーコンの3種類で作ってみました。それぞれの特性により見た目も作り方も少し違うので、お好みで選んでください。盛り付けるときに葉ものを添えると、雰囲気アップ♪


ロースハム、生ハムのカーネーションの作り方

 
1.ハムを半分にたたみ、切り込みを入れます。切り込み幅で花びらの様子が変わりますが、ロースハムは幅広にしたほうがきれいに仕上ります。包丁よりキッチンはさみの方が楽に切れ美しい仕上りに。折り目が破れやすい場合、包丁で切り込みを入れてからたたむと良い。

 

 
2.端から巻いていき、爪楊枝で留めます。しっとりした生ハムの場合、爪楊枝を使わなくてもはり付くので留まるでしょう。葉ものを添えて、料理に盛り付けてください。

 

ベーコンのカーネーションの作り方

 
1.ベーコンを半分に切り、切り込みを入れます。切り込む幅によって花びらの様子が変わりますが、4mmぐらいが丁度いいでしょう。包丁よりもキッチンはさみの方が楽に切れ、美しく仕上がります。

 

 
2.端から巻いていき、爪楊枝で留めます。葉ものを添えて、料理に盛り付けてください。
※生食不可のベーコンは加熱してください。


< おすすめ関連リンク >
なんとなく似ている…でしょ?

■ 母の日の由来やカーネーションについて
⇒ 【母の日】本当の由来とカーネーション
■ エディブルフラワーで本物ならではの華やかさ
⇒ 大好評!美味しいカーネーションを母の日に


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。