敬老の日を前に、シニア世代のパソコンライフを応援するキーボードをご紹介いたします。

快適なパソコンライフの鍵を握るのは、キーボードです

キーボードを替えれば、パソコンライフがもっと快適になるかもしれません。
キーボードで「お元気ですか?」を1秒で打つ人、1分かかる人、10分かかる人……世の中には様々な方がいらっしゃいます。

例えば、キーボードの文字を虫眼鏡で見ているおじいちゃん、ローマ字が苦手でかな入力に悪戦苦闘しているおぱあちゃん、手が不自由で指1本でしかキーが押せない方などは、「お元気ですか?」に数分かかってしまうでしょう。

パソコンがどんどん身近になっているのに、それを操作するキーボードがうまく操れなかったら……使うことすら諦めてしまうかもしれませんね。


ありそうでなかった、みんなが簡単に使えるキーボード

そんな方々のために、「イワタデザイン」岩田喜芳(いわたきよし)さんが開発したのが、初心者や高齢者に配慮し、いかに見やすく、いかに使いやすいかを追求したキーボード。

驚くほど大きな文字!ありそうでなかった岩田さんのキーボードは、国内外で高く評価されています。

海外在住のお孫さんとメールをしたい60代のおばあちゃん、90歳の父にプレゼントした息子さんなどシニア世代の利用が多く、リハビリ施設や養護学校などでも支持されています。

ありそうでなかった、そのキーボードとはどんなもの?
【 INDEX 】
1.90歳でも使っています! かな入力が早くできるキーボード  
2.グッドデザイン賞受賞! ローマ字入力が早くできるキーボード  
3.体に障害があっても大丈夫!創意工夫の数々

さっそく、岩田さんに伺ってみました。 >>>