第二回目の「優秀和菓子」認定者17名

表彰
前回よりも、さらに
審査基準が厳しくなった
ように感じた今回。
最終的に第二回の「優秀和菓子職」に認定されたのは17名でした。認定者にはピンバッジとエンブレム付ユニフォーム、盾が授与されます。
第二回「優秀和菓子職」認定者
(以下50音順、敬称略)
【青森県】舩場 修
【群馬県】惠後原 勝、 須田 裕子
【千葉県】新垣 瞳
【東京都】笹野 浩之、 森山 雄起
【神奈川県】清水 秀信、 森 雅彦 
【岐阜県】窪田 和仁、 鳥居 清 
【静岡県】横山 力
【三重県】川嶋 伸介
【滋賀県】岩佐 昇
【島根県】大江 克之、 苅田 真俊、 土江 徹、 園山 武志
(以上17名)

うち、女性は2名です。体力的にも楽とは言えない和菓子製造という仕事は、女性にとって不利な点も多いはずです。男女の別を言うのはスマートではないのかもしれませんが、つい応援したくなります。

作品
「優秀和菓子職」認定者の作品。
ため息が出る完成度の高さ
(写真提供:全国和菓子協会)
第1回目の「優秀和菓子職」認定者の名前を度々耳にしたこの1年。少しずつ和菓子の作り手の顔が見えてきたように感じます。

ユニフォーム
「優秀和菓子職」
認定者に贈呈される
エンブレム付ユニフォーム
多くの和菓子店で耳にする後継者不足。「優秀和菓子職」の方たちの活躍が、職業として和菓子職を選ぶ人が増えることに繋がることを願っています。

第二回「選・和菓子職」開催概要
◆応募資格:和菓子製造に携わる方 (年齢制限なし)
◆第1次審査:平成20年7月18日(提出審査)
◆第2次審査:平成20年8月26日(実技審査)
◆賞:
「優秀和菓子職」に認定
(副賞;ピンバッジ、エンブレム付ユニフォーム、盾)
◆審査員:全国和菓子協会及び全国菓子研究団体連合会が推薦する審査員約20名
◆主催:全国和菓子協会
◆共催:全国菓子研究団体連合会(日本菓子協会東和会、名和会、大阪二六会、新潟東和会、日本菓業振興会、滋賀二六会、松江松和会)・和菓子振興会
◆後援:農林水産省・全国菓子工業組合連合会・全国銘産菓子工業協同組合・全日本菓子協会・精糖工業会・全国豆類振興会・日本豆類基金協会・全国穀類工業協同組合・日本製パン製菓機械工業会・日本食生活文化財団・日本菓子教育センター・ホクレン農業協同組合連合会

【昨年の「選・和菓子職」の記事】
第一回「選・和菓子職」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。