「道明寺桜餅」の材料・分量(8個分)

こし餡
こし餡は20gずつに丸めます。
道明寺粉 80g
グラニュー糖 10g
熱湯 140cc
こし餡 160g
塩漬けの桜の葉 8枚
塩漬けの桜の花 適宜
手水シロップ用の砂糖 適宜

道明寺桜餅の作り方・手順

桜の葉
1(下準備):
・ 電子レンジ対応容器に、道明寺粉と砂糖を入れて混ぜ、分量の熱湯を注ぐ。ざっと混ぜてラップをし、そのまま吸水させる。
・ こし餡は20gずつに丸める。
・ 塩漬けの桜葉(軸は切る)と花は水洗いし、約10分水につけて塩抜きし、水気を拭く。

2:餅を丸める際の手水用のシロップを用意する。「水1:砂糖1」の割合で鍋に入れて沸騰させ、よく冷ませば完成。シロップを使うことで餅が乾燥しづらくなる。

道明寺
3:1.で吸水させた道明寺粉を、ふんわりとラップをかけたまま電子レンジ(500W)で約2分加熱し、そのまま15分ほど蒸らす。


※ワンポイント
蒸らしたらラップをはずし、粘り気が出るよう、しゃもじで軽く混ぜ合わせる。

包む
4:粘り気の出た道明寺を8等分して丸める。左手にのせて平らにし、中央に餡を乗せて包む。餅が手につかないよう、手にシロップを付けながら作業する。


完成!
最後に、桜の葉を、内側が表になるように巻き、桜の花を飾って完成です!

ワンポイント

・桜餅をピンク色にしたいときは、道明寺を熱湯に浸す際、食紅を少量加えます。
・シロップを手に付けて丸めることを考慮し、道明寺に入れる砂糖はやや控えています。

関連記事:
関東風桜餅の簡単レシピ


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。