私の無有に寄せた思いを文章にしました


以下は、そのカタログに寄せた文章です。



なにも、ない。すべてが、ある。
まず、そこにあるのは、素材と技と気。
着手から完成にいたるプロセスが、
あまりにも純粋でシンプルであるがゆえ、
蕎麦という料理と真摯に向きあうにつれ、
その主役をひきたてる器の選択において
少しの妥協もしたくないという感情にとらわれる。
蕎麦器に盛られるのは、汁や麺線だけではない。
蕎麦を打つ魂が、蕎麦を愛でる心に向かうとき、
ふたつの気のまじわりが、ここに宿るのである。
なにもないことは、うつろではなく、
すべてがあることで、窮屈になることもない。
蕎麦という宇宙を、のびやかに受けとめる、無有。


【ホテルレストランショーの情報】
2009年2月24日-26日開催@有明の東京ビッグサイト
http://www.jma.or.jp/hcj/jp/exhibit_list/index.html
この「佐賀県」のブース 東6U-301にて出展します。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。