■1.5kgをのすプロセス(角出し完了時)


longmen

このように、斜めになっている巻棒は角だしの三本目を行うために、幅95-100cmとなった生地よりも幅に余裕がなければならない。大きな仕事をするためには、角だし三本目でこのように120cmの巻棒に取り替える。

次は本のしのフィニッシュを見てみよう

もっと読む