6種類から選べるデザート

・デザート:ブルーチーズのパルフェグラス 季節のフルーツを添えて
空気を含み、ふわりとした優しい食感のデザート。口に含むととけていく儚さのと共に、しっかりした甘さが広がります。その甘さの後にはブルーチーズの苦味が追いかけてきて、甘さと結びつくことでよりコクを感じさせてくれます。

写真
最後はプティフールで〆。「ジパング」というだけあり、ところどころに和の要素が見られますが、あくまで忍ばせるほどであり、それが前面に立つようなことはありません。むしろ、しっかりしたソースと素材のマリアージュは、より強くフランス料理を感じさせます。それは、本来遠い地の食文化であるフランス料理にふれる橋頭堡として和を含ませることで、より自然にフランス料理という文化に馴染んでいけるからではないかと思います。

写真
もちろん、これはベテランである石井シェフならでは。こじんまりとして落ち着いた内装と共に、神戸らしいしっかりしたソースの味わいは、一朝一夕になせるものではなく、それがなければこれだけフランス料理としての形状、そして味わいを保つことは難しかったでしょう。

フランスよりフランス料理らしく感じる、素晴らしい料理がいただけるレストランです。

レストラン
<店データ>
■「ラ・ピエール・ジパング
所在地:神戸市中央区元町通1-4-12 Misx 1F
TEL:078-392-6885
定休日:火曜休
営業時間:11:30~14:00(ラストオーダー)
17:30~21:00(ラストオーダー)
交通・アクセス:JR元町駅から徒歩3分
HP:ラ・ピエール・ジパング
地図:Yahoo!地図情報

5月11日(日)は、神戸市立布引ハーブ園にて、「ラ・ピエール・ジパング」石井シェフと「ルセット」の依田シェフを中心に、神戸と阪神間の人気店が終結した食のイベント「神戸フィエスタ」が開催されます。各店の今回だけの料理が楽しめますので、ぜひお出かけください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。