世界の海から銀座に進出

ニューカレドニアのきれいな海で特別に養殖したブランド海老「天使の海老」をヒットさせた高級魚貝商社ゴダックの荒谷公彦社長は、幼い頃から食べ物の味に敏感で、給食が口に合わなくて登校拒否するほどだったという。彼が自身のこだわりを具現した飲食店を、さまざまな業態で銀座に4店展開している。

外観は高級店。通りかかった人が立ち止まってメニューをチェックする姿が絶えない

そのうちのひとつが、銀座で有名な洋食店「煉瓦亭」の向かいにあるワインバー「GOSS(ゴス)」である。高級ワイン24種をグラス売りで値打ちに提供し、料理はゴダックが扱うブランド海産物などを駆使したメニュー構成だ。2007年の開店当初はスタンディング(立ち飲み)形式だったが、現在ではスツール10席が設けられ混合スタイルとなっている。