品質が自慢のティーブティック
Teamoods... (ティームーズ)

販売はパッケージ紅茶などのみ。ディスプレイとして並ぶ茶缶
インドのティーメーカー、プリミアスティーから厳選した紅茶や緑茶のみを扱うティーブティック、「Teamoods (ティームーズ)」が、ホテルニューオータニ ガーデンタワー サンローゼ赤坂1階に4月10日オープン。同店はインドのカルカッタ、ニューデリー、ゴアなど5店舗あり、インド以外では日本で初めての出店です。

一日12杯くらいの紅茶を飲むというシャー会長
オープン初日、プリミアスティーのシャー会長もインドから来日し、取り扱うお茶について説明してくれました。紅茶の品質はもちろんですが、とりわけ自慢なのはその設備。インドにあるプリミアスティー工場では、日本の静岡県で作られた最新の機械を導入し、品質チェックを徹底しているとのこと。

紅茶が商品となるまでに、茶園で茶葉が摘まれるときに入る木片など、また製造工程中に混ざる石や鉄などの異物をすべて除去し、真空アルミパックにて同店へ空輸。ダージリン、アッサム、ニルギリなどインドの3大茶産地から旬であるクオリティーシーズンにできる紅茶も、おいしさといっしょに安心な紅茶として消費者に届けられるというわけです。


まず届いたのは初摘みのダージリン ファースト フラッシュ
今後も紅茶産地の旬の紅茶が入荷する予定

キャスルトン茶園ダージリン ファースト フラッシュ DJ-1 50g入り 3,000円。 なくなり次第終了
オープニングとして、インドから届いたばかりのダージリン ファースト フラッシュが店内カウンターの一番目立つ所に並びました。キャッスルトン茶園で今年初めて摘まれた茶葉から作られたDJ-1は95kg、そのうち38kgが買い付けられ日本へ到着。新しいショップに新鮮な空気を運ぶかのようなフレッシュな香りに魅了されました。

 

ミルクや砂糖を入れなくても
紅茶の味を楽しんでもらえるように

ラグジュアリー空間を感じさせる雰囲気
また、開店記念として、「アニバーサリースペシャル」(125g 5,000円)を発売。アッサムの比較的高い地域で採れた茶葉とニルギリをブレンドしてベースとし、天然香料で華やかに香りを付けた紅茶で、ストレートで飲むのがおすすめ。濃く入れてミルクを加えてもいいのではないかと思いましたが、シャーさんによればミルクはNG。

インドではチャイが日常的に飲まれるから、ミルクを紅茶と合わせるのは自然なことかと思えるところ、会長さんの紅茶の飲み方は違っていました。
一日12杯くらいは紅茶を飲むというシャーさん。しかし、紅茶にはミルクも砂糖もいれないそうです。「入れるとすればハチミツくらい」だとは、イメージとのギャップに驚きました。紅茶はもっぱら健康のために飲んでおり、紅茶を飲むときにもスイーツはとったり、とらなかったりだとか。

世界27カ国でお茶を展開する同社。消費地の嗜好によりブレンドや提供する茶葉を変えているのかと思えば、「そういうことはない」ときっぱり話すシャー会長。消費者の嗜好に合わせるのではなく、「私たちがよい茶葉を選んでいることを知ってもらう」ことの方に重きを置いているようです。

扱うお茶はすべてテイスティング可能

おいしい飲み方も教えてもらえる
同店では気になる紅茶をお試しできるよう、そのとき扱う紅茶のいずれもテイスティングが可能。そのときどんな紅茶を扱っているかは、Tasting Menuのカウンターに並ぶので確認を。

店舗横のスペースには、インテリアや絵画を扱うラグジャリー セレクトショップ「プレミエ マルシェ」があり、こちらでゆっくりとテイスティングできるそうです。

【店舗情報】
Teamoods (ティームーズ)
所在:東京都千代田区紀尾井町4-1
ホテルニューオータニ サンローゼ赤坂1F
Tel:03-6272-9471

■協力:株式会社プリミアス ティー ジャパン
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。