成城学園前にオープンしたドミニク・サブロンの新店

本格フレンチレストラン、マキシム・ド・パリ プロデュース、赤坂サカスのカフェ&ワインバー「コート・ド・ルージュ」とドミニク・サブロンが本格的にコラボした店が2010年4月30日、オープンしました。

成城石井をはじめ、ディーン&デルーカやアンデルセンが軒を連ねる小田急線成城学園前駅前は、今回この店、「コート・ド・ルージュ カフェ×ドミニク・サブロン」が仲間入りしたことで、クオリティの高いパンを中心にした食材や料理、ワインがますます豊富に揃い、楽しめる、魅力的な駅前へと変わりました。

パンはハード系からヴィエノワズリまで、セントラルキッチンから焼きたてが直送される

コート・ド・ルージュのパンメニュー

料理を担当するのはコート・ド・ルージュのシェフ、大西勝さん。ドミニク・サブロンのパンを使ったメニューには、11時開店時から17時半までオーダーできる「トリュフ香るクロックムッシュ」(サラダかスープがついて980円)などのホットサンドや、有機野菜のサラダや本日のスープと共にパンを楽しめるヘルシーランチセット(840円~)などがあります。

ドミニク・サブロンさんコート・ド・ルージュ 大西勝シェフ
「ドミニク・サブロン」のパンはテイクアウト専用。左奥がカフェ「コート・ド・ルージュ」
落ちついた雰囲気のカフェは25席

パン職人のガレットは粉にこだわる

カフェのイチオシメニューは、ガレット。このガレットは、サブロンさんが開発に携わった北海道産の小麦粉、フランス産のビオの小麦粉、そば粉、がブレンドされ、彼のオリジナルレシピで一つ一つ焼かれます。一般的なものよりほんの少し厚めで、粉の味わいが生きているのが特長です。

ガレットにのせる料理は、マキシムのスペシャリテ「クラブ・パリジャン」をアレンジした「北海道ずわい蟹のサラダのガレット」をはじめ、完熟トマトと水牛モツァレラを組み合わせたものや、京野菜を使ったものなど、さまざまです。

食事になるガレットのほかに、スイートなクレープもあります。こちらもフランス直輸入のビオの小麦粉を用い、はちみつだけのシンプルなものからマキシム伝統のクレープ・シュゼットまでいろいろ揃っているので、どれにしようか悩む人も多いことでしょう。

北海道ずわい蟹のサラダのガレット(1680円)

ドミニク・サブロンのアフタヌーンティーセット

14時~17時半はドミニク・サブロンのパンを中心としたアフタヌーンティーが楽しめます。

ドミニク・サブロンのアフタヌーンティーセット(2520円) 写真は2人分。他にポタージュと飲物が付く。

一番上の段は、ドミニク・サブロンのプティガトー3種とマカロンプティ2種か苺のミルフィーユ。2段目は、ドミニク・サブロンのプティサンドイッチ、サラダ、ペースト(マキシム・ド・パリのスペシャリテ)、ラスク、3段目はドミニク・サブロンのミニクロワッサン、スコーン、キッシュ、コンフィチュールなど。これに「本日のポタージュ」と紅茶やコーヒーなどの飲みものがつきます。プティサイズながら、パンの食感に注目です。

ドン ペリニヨンのかき氷

ドン ペリニヨンのかき氷(2100円)

これからの季節におすすめの、ちょっと華やぎのある大人のスイーツは、赤坂でも人気の、ドン ペリニヨンのかき氷。写真はエルダーフラワーとフレッシュマンゴーのかき氷で、他にもマスカットやイチゴなどのフルーツが選べます。シロップのようにしてドン ペリニヨンをまわしかけてくれるのです。

ワインは約80種類のグラスワインを揃える赤坂のマキシム・ド・パリからセレクトしたもの。スパークリング2種、赤白5種類の中から選べます(630円~)。

休日のひととき、ランチやアフタヌーンティーをゆっくり楽しんだり、パンを買うついでにちょっとひと休みしたり。コート・ド・ルージュ カフェ×ドミニク・サブロンは、おいしいパンを中心に、高級フレンチレストランのスペシャリテやワインを気楽に楽しめる、新しいスタイルのカフェです。


■コート・ド・ルージュ カフェ×ドミニク・サブロン

所在地:世田谷区成城6-9-1

電話:03-5490-8228(カフェ03-5490-8222)

営業時間:10時~22時(カフェ11時~) 無休

小田急線成城学園前駅北口徒歩1分
地図:Yahoo!地図情報

【関連記事】
ドミニク・サブロン新宿(2009) 
【関連サイト】
ドミニク・サブロン情報(マキシム・ド・パリ)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。