イーストなどを使用しない、パン焼きの原点みたいにシンプルなピザをご紹介します。
発酵に時間がかからないクイックさ、でもデリバリーのピザとは違ったスローなピザは作るのも食べるのも楽しいものです。
美味しくつくるコツは、良質な材料を使うこと。小麦粉は新しいもの、チーズやオリーブオイルはできるだけ上質なものを用意してください。


ルッコラのピザを初めて食べたのはサンフランシスコでした。
「ルッコラとパルミジャーノレッジャーノ」ではなくてアメリカ風に「ロケットとパルメザン」と呼んでいたかもしれません。そこにのせられていた初めてのフレッシュなモツァレラチーズの白くてあっさりした味にも感動しましたが、生地の薄さ、シンプルな美味しさが忘れられず、本や雑誌で見つけては試してみたのでした。
これは材料さえあれば気が向いた時にすぐ作ることのできる簡単なレシピです。


*生地 (2~3人分)*

薄い薄いピザ・オーブン皿3枚分

小麦粉(強力粉)200g
塩、砂糖 各小匙1/4
オリーブオイル 大匙1弱
ぬるま湯 100cc
  

1.
ボウルに小麦粉、塩、砂糖、オリーブオイルを入れて手で混ぜ、 ぬるま湯を少しずつ加えながらまとめていく。

2.
均等にまざったら、こねながら押し伸ばしてはたたむのを繰り返す。 約10分表面がなめらかになるまでこねて丸め、乾燥しないようにラップして15分休ませる。(その間に乗せる材料を準備し、オーブン皿にはクッキングシートを敷いておく。)

3.
麺棒で厚さ1~2ミリに伸ばす。丸いのを3枚、あるいは写真のように長い楕円を6枚など、自分のオーブンに都合の良い形にして、生地のできあがり。

  


*ピザを焼く*

ルッコラのピザ

ルッコラ(葉の部分だけ使う)一束
にんにくのみじん切り少々
パルミジャーノレッジャーノ 薄い削ぎ切り適量
モツァレラ(セミハードタイプ) 薄切り適量
E.Vオリーブオイル 適量
バルサミコ酢 適量(なくても可)

1.
オーブンを220度にセットする。

2.
生地ににんにくを散らし、オリーブオイルをさっと垂らしてからモツァレラチーズを均等に散らす。

3.
オーブンでこんがりするまで約5分焼く。その間、ルッコラをオリーブオイル、(好みでバルサミコ酢少々)、塩、挽きたての黒コショウで和える。

4.
焼けたピザにルッコラのサラダを乗せて、薄く削ったパルミジャーノを乗せて出来上がり。

【more!】 お楽しみピザ

上記1~2の後、好みの具(下記参照)をのせて焼く、お楽しみピザ。おまけです。お気に入りを組み合わせて自分のピザを焼きましょう。

アンチョビ、ハム類、オリーブ、ドライトマト
炒め玉ねぎ、温野菜、きのこ類、赤ピーマン
好みのチーズ等。


焼きあがったピザは待ち構えていて、すぐいただきましょう!


ちょっと焦げてしまったところもこうばしい。
お好みの具をのせてenjoy!


【関連記事】
美味しいパン料理レシピ集
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。