山長 原宿店入り口

山長(やまちょう)原宿店



蓋を閉めて出てくる味噌煮込みうどん


明治時代に製粉・製麺業を営み小麦の栄養素を逃さない滋味のある黒うどんを完成させたという。
黒うどんが看板メニュー。
蕎麦かと思うほどの色の黒さ。フランチャイズ展開をしていて都内には4店舗山長黒うどんがある。
うどんは太麺と細麺の用意が有りメニューにより異なるようだ。



グツグツの箱入りうどん

なんと言っても煮込みうどんが人気。名古屋風味噌煮込みうどんと関西風出汁を使う醤油煮込みがある。
味噌煮込みうどんは八丁味噌ベースの濃い色だがうどんも黒いので見た目ほどの味の濃さは無い。
うどんは一度茹でられて締めてから煮込むという。汁に打ち粉の粘りを出さないのが山長流。
汁に粘りが無いためか意外とあっさりとした味噌の風味が楽しめる。味噌煮込みうどんに玉子をつけてもらった。

土鍋の蓋を器にする

グツグツと煮えたぎる鍋は木箱に入れて供される。蓋のついた土鍋で供されて蓋を取り丼代わりにする。
名古屋式の味噌煮込みうどんの食べ方だ。
この後の予定が無ければご飯も付けたいところだ。来店者のほとんどが味噌煮込みうどんを食べている。ちなみにこの日の気温は30度を超えていた。(笑)暑さは熱いものを食べて制する。これが夏の極意かもしれない。
食べ終わるとどっと汗が噴出す。

味噌煮込みうどん+生卵

トッピングがいろいろ有って定番の玉子と鶏肉と組み合わせて親子煮込み、豚肉の組み合わせもある。
変わったところではチーズがある。餅入りもあり。炭水化物好きとしては餅ち入り、白飯の組み合わせも試してみたい。

これ蕎麦じゃありません



黒うどん細麺 ざる

ざるうどんも試してみる。
こちらは細麺だが・・・バッと見ると太目の蕎麦のようだ。汁は醤油ベースに鰹節と昆布と味醂だろう。オーソドックスな辛汁に仕上がっている。
黒うどんは小麦粉の栄養を全て封じ込めるように小麦の全成分を使うような製粉が行われているようだ。
白いうどんに慣れているとこれは違う種類の麺に見える。しかし食べてみると程よい小麦の味わいと優しい食感がある。
コシが強く自己主張がはっきりしているという種類ではないが、ほのぼのとした甘みを感じるようなうどんだ。

【山長 黒うどん 原宿店 DATA】
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷3-52-3
TEL:03-3402-5701
営業時間:11時30分から16時 18時から21:00
定休日 日曜・祝日 

Yahoo!地図情報山長 原宿店付近

主なメニュー
煮込みうどん 太麺 (味噌・醤油) ネギ・油揚げ入り 900円 
トッピング
玉子 50円
わかめ・厚揚げ・チーズ 各 100円
おもち・山菜・大根おろし・かぼちゃ・椎茸・鶏肉 各 150円
豚肉200円

きざみうどん 細麺 (味噌・醤油) 椎茸・ワカメ・豚肉・ネギ・油揚げ入り 950円
ざるうどん  700円
釜揚げうどん 700円
冷やしうどん 800円
納豆うどん  800円
おろしうどん  800円
おろし納豆うどん 900円 
キムチ納豆うどん 900円
ライス 150円 ライス大 250円
とりめし 200円 とりめし大 300円
漬物 300円

 

山長の他のお店

 本部小田原店
 【住所】神奈川県小田原市扇町3-1-17【TEL】0465-32-7954

 代々木店 
 【住所】東京都渋谷区代々木2-19-12【TEL】03-3370-8107

 麹町店
 【住所】東京都千代田区六番町1-1【TEL】03-3221-0708

 厚木店
 【住所】神奈川県厚木市中町4-15-6【TEL】0462-22-0990

 軽井沢店
 【住所】長野県北佐久郡軽井沢町旧道195-4【TEL】0267-42-0051

 諏訪店 
 【住所】長野県諏訪市湖岸通り3-1-21【TEL】0266-52-5003

 天山
 【住所】神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋208【TEL】0460-86-4126

 ホテルすてーしょん但馬
 【住所】兵庫県朝来市和田山町平野98【TEL】0796-72-0218
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。