本格的にカレーを作る時も、お気に入り市販のカレールーを使ってつくったカレーも2日目っておいしくなると思いませんか。味が馴染むと言うか熟成するというか。私も当日よりも2日目のカレーが好きです。

夏向きにカレーを使ったお薦めメニューをご紹介。
季節はうだるような暑さですからちっと食べやすいヒヤアツカレーうどんです。食が進みますから夏バテ知らずになります。

【冷熱(ヒヤアツ)カレーうどん】
材料 二人分

うどん 2玉 冷凍うどん、乾麺、生麺、いずれも可
カレー完成品 二人分
水1カップ(200cc)
粉末鰹だし 小さじ1杯
しょうゆ 小さじ2杯
砂糖 大サジ1杯
コネギ 適量


カレーの濃さはお好みでよいのですがご飯にかけるよりは薄めの方がよいかもしれません。カレーをスープ状で造られている場合はそのままで良いです。
カレーに鰹出汁と醤油と砂糖を加えることが一番のポイントです。カレーに和風のテイストを加えるだけで大変うどんとの相性がよくなります。
濃い目がお好きな方は水溶き片栗粉でとろみを加えるのもお好みです。

うどんは指定の時間茹でて流水で締めます。十分に麺のヌメリを取ってください。冷水で締めたら水をよく切って丼に盛ります。熱々に熱したカレーをかければできあがりです。
熱々のうどんでも、もちろんかまいません。普通のカレーうどんになります。


コネギを散らすとまた食が進みます。
良くかき混ぜて食べますが冷たいうどんと熱々のカレーで、結果ぬるいカレーうどんができます。これが・・・食べやすくていくらでも入ります。
食べ過ぎに注意の逸品の完成となります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。