八王子

都心からはちょっと遠いが、何故か縁あって時折訪れる八王子の街。八王子と言えば都内でも屈指のスープカレーの名店があることでも有名、と勝手に決め込んでいたが、実は京王八王子駅近くになかなか良質なビストロがあることはまだまだ知られていない。
外観
京王八王子駅近くの路地裏に佇む

店主と料理長は共に今やジャパンフレンチの総帥とも言える「ひらまつ」グループの主要な店舗の要職を経験し、2010年2月にこの地にビストロを開店。料理長の牧村氏は今や伝説ともなったパリ「レストランひらまつ サンルイアンリル」を経験し、直前まで代官山「メゾン・ポール・ボキューズ」の料理長を務め上げていた人物だ。

「ソワ」とは英語で言うとシルク。絹を意味するその店名は品よく楽しめるというイメージとワインアンドダインというフレーズは多分、毎晩でも気軽に立ち寄れる場所でありたいという店主の意向が反映されたものだろう。

久しぶりに隙のないポークリエットに出会えた気がする。ねっとりと、しっとりと、塩がきちんと効き、ポークの風味もしっかかりと残る完成度の高い料理だ。軽く炙られたビンチョウマグロはスモークされた豆腐の上に乗る。バジルのソースで彩られ、夏を感じるミョウガも重なり、その爽やかな味わいに白ワインは勢い良く空いていく。
マグロ
バジルのソースがいいアクセントとなる

サラダ仕立てになったリ・ド・ヴォーはヴィネグレットと優しく絡み、これはもっと量を増やしてしっかりといただきたかった一品だ。お薦めといわれたホタテのリゾットは筆舌に尽くし難い逸品だ。味覚の世界が天空にまで突き上がると言ってもいいほどの旨味が身体中を伝い、味覚のツボにするりと落ちる。
リゾット
濃厚だが飽きのこない味わいにシェフの技術が光る