「シンプルで、お手軽なゲームを!」


すぐにやめられる安心感 投稿者:ヤングマン さん (男性/10代)
最近のゲームの印象ですが、『長い』。

もっと区切りを大切にしてほしい。100ページの漫画を10巻読もうとするのと、1000ページの漫画を1巻読もうとするのとでは差がある。読み始めたらどっちも変わらないと思うんだけど、僕が言ってるのは『読み始める前のこと』。

すぐにやめられる安心感がないと、やる気が起こらない。僕だけかもしれないけど、それはいつも思う。もっと、気軽に出来るゲームが出来て欲しいな。

・・・◆・・・

1ゲームが短いゲームを 投稿者:UMIBO さん (男性/30代)
大作志向で気軽にやれるゲームが無いのが辛い。この年になるとプレイ時間が長いのは辛いです。
1ゲームが短くてそれの積み上げで展開していくゲームはありがたいです。シレンとかボードゲームとかですかね。

・・・◆・・・

大作RPGは年に1~2本で充分 投稿者:cr さん (男性/20代)
演出過剰。もう少しシンプルで時間のかからないゲームが多い方がよい。いわゆる大作RPG等も好きだが、年に1~2本あれば充分。

・・・◆・・・

最近のヒットは『ドンキーコンガ』 投稿者:プーリキ さん (男性/30代)
映像とかは、とても素晴らしいと思うのですが、ファミコンをやってた時みたいにハマるゲームが少なくなったように思う。操作もボタンがなんか多すぎて、覚える前に、やる気が無くなってしまうかな。もう、年ですね。

最近の自分の中でのヒットはドンキーコンガです。これは、単純に面白いですね。子供もドンキーコンガ2が出るのを楽しみにしています。

・・・◆・・・

“メイド・イン・ワリオ”大ヒットの理由 投稿者:徳本範之 さん (男性/20代)
よく言われることですが、最近のゲームはハードが進化し、技術的にやれることが増えたことで予算も規模も増大し、大作化傾向にあります。そのため、確かに見た目は美しくなり、プレイヤーとしても一つのゲームの中でやれることは多くなりました。しかし、反面、往年のファミコンソフトのような“小さくまとまってはいるけど面白い”というソフトは確実に減っていると思います。

そんな中、任天堂から発売された“メイド・イン・ワリオ”のような、ミニゲームの集合体とも呼べるゲームが大いに受けました。それは、一度のクリアに何十時間もかけなければならないようなソフトがゲーム市場を席巻する中、“手軽に遊べて、気軽に遊べて、でも奥が深い”というソフトがいかに求められているかの証明だと思います。やれることに制限があるからこそ、自身で目標を設定しなければならない。そこにゲームの面白さの本質があるのではないでしょうか。

最近のゲームは、往々にしてプレイヤーが受動的になりがちです。それは、“目標”を与えられることに慣れすぎているからです。漠然とした目標の中から主体的に目標を見つけ、自ら積極的に実現に向けプレイヤーに行動させること。それが、今のゲームに不足している要素であり、求められているものなのではないのかと思います。

・・・◆・・・

安くておいしい牛丼のようなゲームを 投稿者:flatfour さん (男性/30代)
既に現役を退いたファミコンですが、ファミコンソフトの中には今でも現役を張れる位の傑作ソフトが多数あります。では、現行機種のソフトで果たしてそれらのソフトのような物はあるのか?というと、正直なところ、私にはわからないのです。

何故かというと、ゲームに没頭するだけの時間が今の私にはないからです。ゆっくりとゲームを味わうだけの時間がないのですが、ゲームはやりたい。いろいろな工夫・味付けがなされ、華麗なグラフィック・音楽で飾りつけられた現在のソフトは、さしづめ豪華フランス料理かはたまた豪奢な材料を惜しげなく使った日本料理といったところでしょうか。

そういった料理は時間をかけてゆっくりと味わって食べたい物です。でも、仕事に追われ、時間に追われるけれども食事はしたい私にとっては庶民の味で早い、安い、うまいの牛丼(今なら豚丼?)や焼き魚定食のほうがいいのです。

ここでいう牛丼は古いゲームですが現在でも楽しく遊べる傑作ソフトのことです。華麗なグラフィックや音楽、壮大なストーリーは確かに遊ぶ者を楽しませてくれますが、あまた発売されるソフトで真にわれわれを楽しませてくれる物は少ないように思えます。『楽しくて、安くて、繰り返し遊べる』初期のファミコンソフトのような優良ソフトを切に求めます。

そのような意味からも最近のゲーム、これから開発されるゲームには、こんなへそ曲がりなゲーム好きもいることを片隅に置かれて楽しいゲームが発売されるように応援しています(でも、たまにはおいしい豪華な料理もたべますよ)。

<関連ページ>
なぜ今、「ファミコン」なのか
生産中止になっても、ファミコンの歴史はまだまだ続く!
「ファミコン」が愛される理由とは
ゲーム作りで大切なのは、技術の「進化」よりもアイデアの「新化」!
名作ファミコンソフトの復刻版「ファミコンミニ」
昔のユーザーには懐かしく、今のユーザーには逆に新鮮!
読者の「ファミコンの思い出」&「最近のゲームに思うこと」
読者の皆様からのご意見&「ファミコンミニ」アンケート結果発表!