従来のゲームと、実用ソフトでは、売る仕組みが違うはず

おじいちゃんが接客されるの図
販売の現場でも、今までに無い人がターゲットになり、接客が変わってきています
従来のソフトと実用ソフトでは、売り方が大きく変わります。実用ソフトを多数リリースし、ヒットさせている任天堂はそのことを理解して、CM1つとっても、発売後かなり日にちがたったソフトを繰り返しCMするなどの工夫をしていますが、需要に対してしっかりとアクセスできているとは言えないように思います。

今、実用ソフトに関してはゲーム業界は過渡期であると言えるでしょう。それは、ソフトの開発だけでなく、流通やプロモーション、広報戦略など多岐に渡る部分において言えることです。例えば、売る場所。ゲームは通常ゲームショップなどで売られていますが、前項で紹介した地図や辞書のソフトは本当にゲームショップが相応しいのでしょうか。もしかしたら、本屋さんや、カー用品店などで需要が発生しているかもしれません。

あるいはプロモーション。ゲーム雑誌が実用ソフトの広告をする最善のメディアでないことは容易に想像がつきます。例えばセールスプロモーションイベントを量販店でするとして、どの売り場でするのが最も効果的でしょう? 意外とゲーム売り場ではないような気がします。

もちろん各メーカー、従来のゲームとは売り方が違うということは意識しているでしょう。しかし、新しい流通網を作ったり、今までにやったことの無いメディアや方法でプロモーションや広報をしていくと言うのは、時間がかかることでもあり、効果的にやる為にはノウハウの蓄積も必要になります。色んな解決しなくてはいけない問題やリスクも発生していきます。

今は任天堂が先陣を切って、新しい方法を試しながら、マーケットを作り上げているように感じますが、これが広く業界に伝播し、どこかが今までと全く違った仕組みで実用ソフトを売る成功例ができると、業界はまた大きく変化するかもしれませんね。

【関連記事】
DSがテレビに!? ワンセグってなあに?(AllAboutゲーム業界ニュース)
ゲームの新しい役割 新しい社会との関係(AllAboutゲーム業界ニュース)
ゲームらしいゲームよどこへいく(AllAboutゲーム業界ニュース)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。