20周年を迎えた国民的RPG

ファイナルファンタジー20周年の図
20年間も愛され続け、売れ続けるゲームということですから、本当に素晴らしい記念の年ですね
ゲームをやる人で知らない人はいないほど有名な代表的RPG、ファイナルファンタジーシリーズが、今年で誕生20周年を迎えます。発売元のスクウェア・エニックスでは20周年を記念して、初代ファイナルファンタジーと、ファイナルファンタジー2の2作品をPSPでリメイクしたり、携帯電話用サイトのファイナルファンタジー モバイルで20周年特設ページとしてHISTORY OF FINAL FANTASYを公開したりと、様々な企画で盛り上げています。

今回はその20周年を記念して、ファミコン時代に生まれた初代ファイナルファンタジーから、PLAYSTATION3で発売が決定しているファイナルファンタジー13まで、その軌跡を追っていきたいと思います。

ファミコン時代 新作RPGのひとつとして誕生

初代ファイナルファンタジーの図
今から考えればとても簡素ですが、当時は左右で対峙する戦闘画面が実に斬新でした
初代ファイナルファンタジーは、1987年12月18日にファミコン用ソフトとして生まれました。その約1年半前、1986年5月27日に家庭用ゲーム機初のRPG、ドラゴンクエストが発売されたばかりで、まだRPGというジャンル自体が主流になる前のことでした。

今のように押しも押されもせぬビックタイトルという扱いではなく、ドラゴンクエストの亜流のような見方をする人もいた時代です。しかし、プレイヤーキャラクターと敵キャラが画面上で相対して戦う様子がわかるサイドビューのグラフィックや、4人で組めるパーティー、戦士や黒魔術師といった職業を選べるジョブシステムなど、どれも当時としては斬新で新しい要素に多くのユーザーが賞賛を送りました。

経営的に厳しかった当時のスクウェアは、このヒットに勝機を見出し続編の開発を決定しました。初代よりもさらに斬新なシステムを採用し、レベル制を廃止したファイナルファンタジー2、ジョブチェンジシステムの基礎を築き、ファイナルファンタジーの最も特徴的な部分のひとつと言える召喚獣を初めて登場させたファイナルファンタジー3と次々に展開しました。こうしてファイナルファンタジーはファミコン時代にシリーズにおけるゲームの核を作り上げ、ファンを作り、ブランドを確立させていったのです。

【関連サイト】
ファイナルファンタジーシリーズのリメイクはこちら
ファイナルファンタジー20周年
FINALFANTASY3

次は、成熟し、そして進化していったスーパーファミコン、Playstation時代を振り返ってみましょう。